サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】戦線復帰のロレンソ、クラッシュの“恐怖”と負傷の痛みで本領発揮はまだ先か

ここから本文です

 MotoGP第12戦イギリスGPの初日を、レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは21番手タイムで終えた。トップタイムのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)とのギャップは約3.7秒だ。

 ロレンソは第8戦オランダGPのFP1で大きなクラッシュを喫すると、胸骨の骨折を負ってしまい、オランダGPから前戦オーストリアGPまで計4戦を欠場することとなった経緯があり、イギリスGPはその復帰戦だ。

■「ホンダを変えられるライダー」ステファン・ブラドルがロレンソを擁護

 FP2を終えた後、ロレンソはトラック上の“ほとんどすべての部分で”問題を抱えていると認めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ