サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「レッドブル・ホンダにとって不運な週末だった」タイトル争いに向けPUのダメージも懸念/ホンダF1山本MDインタビュー

ここから本文です
 2021年F1第10戦イギリスGPではF1史上初めて『スプリント予選』が導入された。土曜日の午後に行われた100kmの短いレースでポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)だったが、決勝レースの1周目にルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触し、タイヤバリアにクラッシュ。幸いにもフェルスタッペンに大きなケガはなかったものの、ホンダF1の山本雅史マネージングディレクターはイギリスGPについて「非常に残念なレースだったなという一言に尽きる」と振り返った。

おすすめのニュース

サイトトップへ