サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 単なる街乗りSUVじゃない! 全日本ラリーで異彩を放った「C-HR」の驚くべき実力

ここから本文です

 ラリーの名門クスコレーシングが手がけるワークス車両だ

 全日本ラリー選手権のシリーズ第6戦「モントレー2021」が6月11日~13日、群馬県高崎市を舞台に開催。SS(スペシャルステージ)の設定はわずか3回ながら、いずれも20km前後のロングターマックで、各クラスでバトルが展開されていたのだが、同ラウンドで一際異彩を放っていたマシンといえば、同時開催の国際格式ラリー、JSR(ジャパン・スーパー・ラリー)に参戦したトヨタC-HRだと言えるだろう。

利点だった「荷室」や「後席」が狭い! 「本末転倒」感のあるデザイン優先の「SUV」が続々登場するワケ

 同マシンはラリーの名門クスコレーシングのワークス車両で、同チームを運営するキャロッセがマシン開発を担当。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン