サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「SUVはタフなガソリンでしょ」は間違い! じつはハイブリッドやEVがSUV向きなワケ

ここから本文です

「SUVはタフなガソリンでしょ」は間違い! じつはハイブリッドやEVがSUV向きなワケ

 電動車はアクセルコントロールがしやすい

 日産からクロスオーバーSUVのキックスが登場した。ただし、駆動方式はFFのみ。パワーユニットも1.2リッター、82馬力、10.5kg-mエンジン+125馬力、26.5kg-mを発生するモーターのe-POWER一種類となっている。また、最低地上高は170mmだ。

話題沸騰の「e-POWER」のパワーでバカ売れする日産ノート&セレナに潜む弱点

 そう聞くと、キックスはクロスオーバーSUVにして、雪道や悪路の走破性能はどうなのよ……と心配してしまいそうだが、さにあらず。もちろん、エクストレイル(4WDあり。最低地上高205mm)のような本格的な走破性は望めないにしても、じつは、滑りやすい路面では、モーター駆動、たとえばノート、セレナ、そしてキックスなどに採用されているe-POWERはその持てる実力、走破力を存分に発揮してくれたりする。

 そう、雪道やちょっとした悪路では、SUV+モーター(電動車)の相性はなかなかと言っていい。理由はこうだ。滑りやすい路面では、当たり前だが、タイヤを滑らせないために、繊細なアクセルコントロールが要求される。勢い、グイッとアクセルを踏もうものなら、タイヤが空転。路面を掘ってしまったりして、ロクなことはない。あるいは、不用意に急ブレーキを踏めば、安定装置が付いていても、タイヤがいきなりグリップを失うことだってありうる。

 そもそも、人が雪道、氷上を歩くとしたら、自然と、路面の滑りやすさを確認し、探りながら、そーっと注意深く歩いているはずだ。それをクルマに当てはめると、駆動力のち密な制御があってこそ、滑りやすい路面を安定して走ることができるということになる。

 が、ガソリン車やディーゼル車の場合、アクセル操作に対する出力を一定に保つことは難しい。それがスリップの原因、悪路の走破性に影響を及ぼす可能性になりうる。

 しかし、電動車なら、アクセルをそれほどち密に踏まなくても、出力がすーっと安定しているため、アクセルコントロールしやすく、また、滑りやすい路面でもスリップしにくくなるというわけだ。

 滑りやすい路面に不慣れな人にはワンペダルが有効!

 雪道など滑りやすい路面では、アクセルだけでなく、ブレーキの踏み方に注意しなければならず、ラフに踏むとスリップの原因になる、ということから、たとえば、e-POWERのような高度な制御システムを備え、また、アクセルペダルを緩めただけでち密な制動制御で行われる(慣れは必要だが、アクセルペダルの操作のみで停止まで持っていける)ワンペダルと言われる機能を持つため、アクセルワークにだけ気を使えば、安定した制動力が得られるとともに、滑りやすい路面のカーブも安定して曲がりやすくなるという理屈だ。

 ズバリ言えば、滑りやすい路面に不慣れな人がブレーキを踏むより、e-POWERのワンペダルでの減速は圧倒的に安心・安全だろう。

 また、悪路上等!! のクロスカントリー方向にシフトしたSUVのトヨタRAV4を例に挙げると、たしかにダイナミック性能&悪路走破性だけを取れば、唯一、ダイナミックトルクベクタリングコントロールを持つガソリン車のアドベンチャーグレードが優位に立つものの、トヨタ自慢のハイブリッド専用4WDシステム=E-FOUR搭載車も、前後にモーターを配した電気式4WDならではのち密な駆動力制御によって、滑りやすい路面の走行に不慣れな人でも、安心して走れるようにしつけられている。

 SUV=アウトドア向きのクルマ、と考えれば、RAV4 HVを始めとする2モーターハイブリッドやPHV(PHEV)に用意されるAC100V/1500Wコンセントも(キックスにはなし)、アウトドアシーン、車中泊、災害時に便利このうえない装備であることは明白。

 そうしたことも含め、滑りやい路面、悪路を積極的にコントロールできる、それなりのスキルのあるドライバーはともかく、一般的なドライバーにとっては、SUVとハイブリッドを含む電動車の相性は、なかなかいいと言えそうなのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します