現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツ「EQS SUV」は1542万円から! 航続可能距離593キロのEVラグジュアリーSUVとは

ここから本文です

メルセデス・ベンツ「EQS SUV」は1542万円から! 航続可能距離593キロのEVラグジュアリーSUVとは

掲載
メルセデス・ベンツ「EQS SUV」は1542万円から! 航続可能距離593キロのEVラグジュアリーSUVとは

電気自動車専用プラットフォームを使った初のSUV

メルセデス・ベンツ日本は、電気自動車シリーズ「メルセデスEQ」の最新モデルとして「EQS SUV」を日本市場にて発売すると発表した。EQS 450 4MATIC SUV(1542万円/消費税込)、EQS 580 4MATIC SUV Sports(1999万円/消費税込)というラインナップとなる。

「アーマーゲー」それとも「アーエムゲー」? 創業137年目のメルセデス・ベンツの歴史を振り返ります

電気自動車ならではのレスポンスの良さを生かした悪路走破性が自慢

EQS SUVは、メルセデスEQシリーズの6番目としてラインナップに追加された。EQSセダンの先進性はそのままに、3列目シートをプラスした7人乗り次世代ラグジュアリーモデルである。

メルセデスEQシリーズに与えられる先進性と、SUVの伝統的な力強いデザインを融合した、存在感あるスタイリングが特徴。セダンと同様の3210mmというロングホイールベースを採用しながら、全高は約200mmほど高くなっているため、堂々たるプロポーションに加えて広々としたゆとりある室内空間を可能とした。

徹底した空力性能の追求により、SUVながらCd値は0.26というエアロダイナミクスを実現。ゆとりある航続可能距離と電気自動車らしい高い静粛性を両立している。EQS 450 4MATIC SUVが360ps/800Nm、EQS 580 4MATIC SUV Sportsは544ps/858Nmというスペックを誇る。

足まわりはフロント:4リンク、リア:マルチリンクのAIRMATICサスペンション。路面状況に応じて車高を変化させ、走破性を向上させることも可能だ。全長は5130mmというラージサイズSUVではあるが、後輪がフロントとは逆位相に10度操舵するリアアクスルステアリングによって、最小回転半径はスモールSUVと同等の5.1mを実現する。

トルクシフト機能によって前後モーターへ理想的なトルク配分を行う4MATICは、従来の機械式4輪駆動システムに対してレスポンスと効率に優れ、さまざまなシーンにおいて走行安定性や走破性を高めてくれる。走行モードを変更できるダイナミックセレクトは、荒れた路面で本領を発揮するオフロードモードも搭載。勾配や傾斜、サスペンションの状態など走行状況を把握できるオフロードスクリーンも相まって、安心かつ確実に悪路を走破可能だ。

高い悪路走破性を持ちながら上質な室内空間

本格的な悪路走破性を持ちながら、車内はラグジュアリーの極み。EQSセダンに対して約50mmほど高くなったヘッドクリアランスにより、広々とした空間が広がる。シートはダイヤモンドステッチをあしらったナッパレザー。MBUXハイパースクリーン(EQS 450 4MATICはオプション設定)装着車は、幅1410mmのワイドなガラススクリーンに内包される3つのディスプレイが先進性を強調する。センターのメディアディスプレイと助手席は有機ELモニターを採用し、美しい映像を楽しめる。

ラゲッジスペースは、3列目を起こしたままの7人乗り状態で195L。3列目を倒せばゴルフバッグ4つが積載可能となり、2列目まで倒すことで最大2020Lもの大容量スペースが広がる。

ラグジュアリーでありながら本格的な悪路走破性をもち、それでいて最大593km走行可能な電気自動車が、EQS SUVなのである。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、以下のようにコメントしている。

「メルセデス・ベンツの電気自動車は、2022年にグローバルで約15万台を販売。2021年は約9万台ですので、約1.6倍強となっています。日本市場は、2021年の約1000台に対し、2022年は約2000台と約2倍の販売台数を記録しました。日本の電気自動車市場にはまだまだ可能性が残されていると考えており、より多くの方にメルセデス・ベンツの電気自動車について知っていただき、安心して乗っていただけたらと思っております」

そのための取り組みのひとつとして、多くの著名人にメルセデスEQシリーズを体験してもらい、その魅力を伝えてもらうための「EQカタリスト」を設定する。第1弾はプロサッカー選手の三笘 薫選手とシュミット・ダニエル選手の2名。今後、メルセデスEQシリーズの魅力をSNSなどで発信していく予定である。

* * *

報道陣にEQS SUVが披露されたのは、世界初のメルセデスEQ専売拠点である「メルセデスEQ横浜」。2022年12月にオープンした際、参考展示としてEQS SUVを披露したところ、たくさんの反響があったそう。メルセデス・ベンツの電気自動車を牽引するフラッグシップとして、注目を集める1台となること間違いなしだ。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【MotoGP】KTMへの圧力? アコスタ、夏休みにファクトリー訪問し内情確認へ「必要なだけオーストリアに行くつもり」
【MotoGP】KTMへの圧力? アコスタ、夏休みにファクトリー訪問し内情確認へ「必要なだけオーストリアに行くつもり」
motorsport.com 日本版
ホンダ「“2列6人乗り”ミニバン」に大反響! “全長4.3m”小柄ボディに「前席3人シート」って実際どうなの? 斬新な「エディックス」に熱視線!
ホンダ「“2列6人乗り”ミニバン」に大反響! “全長4.3m”小柄ボディに「前席3人シート」って実際どうなの? 斬新な「エディックス」に熱視線!
くるまのニュース
4種のおかずを550円で楽しめる「神山鮮魚店」 ツーリングで「伊豆のへそ」に行ったら立ち寄りたい穴場ランチスポット
4種のおかずを550円で楽しめる「神山鮮魚店」 ツーリングで「伊豆のへそ」に行ったら立ち寄りたい穴場ランチスポット
バイクのニュース
ZF、商用車向け先進運転支援システム発表…自動で車線変更が可能に
ZF、商用車向け先進運転支援システム発表…自動で車線変更が可能に
レスポンス
BYDシールが控えめにいってお買い得すぎ! 走りのネガを数カ月で改善してくるスピード感も衝撃でしかない
BYDシールが控えめにいってお買い得すぎ! 走りのネガを数カ月で改善してくるスピード感も衝撃でしかない
WEB CARTOP
中古車の目利きが買うCクラス メルセデスCクラスのオープントップ そのエレガンスは失われない? 中古車を徹底テスト!
中古車の目利きが買うCクラス メルセデスCクラスのオープントップ そのエレガンスは失われない? 中古車を徹底テスト!
AutoBild Japan
「カローラ」より小さい! トヨタの「小型クーペ”セダン”」実車公開!斬新“大口顔”が超カッコイイ「ヤリス“エイティブ”」泰に登場
「カローラ」より小さい! トヨタの「小型クーペ”セダン”」実車公開!斬新“大口顔”が超カッコイイ「ヤリス“エイティブ”」泰に登場
くるまのニュース
朝倉か、平本か? 「超RIZINタクシー」が走り出す…「超RIZIN.3」開催記念
朝倉か、平本か? 「超RIZINタクシー」が走り出す…「超RIZIN.3」開催記念
レスポンス
【アオシマは模型界の異端児!?】王道の名車、デコトラ、美少女フィギュアまで…フリーダムな物作りの秘密とは?
【アオシマは模型界の異端児!?】王道の名車、デコトラ、美少女フィギュアまで…フリーダムな物作りの秘密とは?
モーサイ
「フェルスタッペンは来季のメルセデス移籍を真剣に考えるべき」元レッドブルの同郷ドーンボスが指摘……背景に勢力図の変化
「フェルスタッペンは来季のメルセデス移籍を真剣に考えるべき」元レッドブルの同郷ドーンボスが指摘……背景に勢力図の変化
motorsport.com 日本版
京奈和道の「ほぼ完成形」ついに出現! 大阪方面へ「信号ゼロ」大和高田バイパスとの“直結ランプ”工事大詰め 国道24号の“地獄渋滞”緩和に期待
京奈和道の「ほぼ完成形」ついに出現! 大阪方面へ「信号ゼロ」大和高田バイパスとの“直結ランプ”工事大詰め 国道24号の“地獄渋滞”緩和に期待
くるまのニュース
訳あり「ダンプ」仕様のサンバーを「キャブオーバ」へ構造変更 トランポもリフレッシュしよう!! Vol.4
訳あり「ダンプ」仕様のサンバーを「キャブオーバ」へ構造変更 トランポもリフレッシュしよう!! Vol.4
バイクのニュース
[15秒でニュース]VW車にChatGPT搭載…AI搭載で多様なオプションを提供
[15秒でニュース]VW車にChatGPT搭載…AI搭載で多様なオプションを提供
レスポンス
BMWアルピナ B4 グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMWアルピナ B4 グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【魅惑のスーパースポーツ】クラシック・フェラーリの運転術講習。フィオラノで学んだテクニック教えます!
【魅惑のスーパースポーツ】クラシック・フェラーリの運転術講習。フィオラノで学んだテクニック教えます!
カー・アンド・ドライバー
時速60kmまでソフトトップの開閉操作に対応!メルセデス・ベンツが4人乗りオープンスポーツ「CLEカブリオレ」を発売
時速60kmまでソフトトップの開閉操作に対応!メルセデス・ベンツが4人乗りオープンスポーツ「CLEカブリオレ」を発売
@DIME
スズキ新型「クルーズ」発表に反響多数! MT設定&精悍エアロ仕様に熱望の声! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”「エルティガH」尼で登場
スズキ新型「クルーズ」発表に反響多数! MT設定&精悍エアロ仕様に熱望の声! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”「エルティガH」尼で登場
くるまのニュース
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2375.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1047.01890.0万円

中古車を検索
EQSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2375.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1047.01890.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村