サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次世代e-POWER、発電専用エンジンにして世界最高レベルの熱効率50%を実現

ここから本文です
日産自動車は2月26日、次世代「e-POWER」向け発電専用エンジンで、世界最高レベルの熱効率50%を実現する技術を開発したと発表した。

従来のエンジンは、車速など、様々な走行負荷をカバーする出力特性が必要だった。しかし、エンジンを発電専用として特化できるe-POWERは、発電とバッテリー蓄電量を適切にマネージメントすることで、エンジンの使用領域を最も効率の良いポイントに限定し、エンジン燃焼を高効率化することが可能。この考え方は従来のエンジン開発とは全く異なったアプローチであり、エンジンの役割が大きく変わることを意味する。

おすすめのニュース

サイトトップへ