サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 4月の登録台数で全メーカー中ダイハツだけが前年比プラス! それでも喜べない数字のカラクリ

ここから本文です

4月の登録台数で全メーカー中ダイハツだけが前年比プラス! それでも喜べない数字のカラクリ

 クルマを購入する人の約80%が乗り替え

 2019年10月以降、クルマの売れ行きは一貫して下がっている。2019年10月1日には、消費税が従来の8%から10%に引き上げられ、同月には台風19号も甚大な被害をもたらした。この影響で2019年10月の国内販売台数は前年に比べて24.9%のマイナスになり、11月も12.7%、12月は11.0%落ち込んだ。

トヨタ・ライズが爆発的ヒットも喜べない新車セールスマンの複雑な胸中

 2020年は1月が11.7%、2月は10.9%、3月は9.3%のマイナスで、次第に減り方が穏やかになったが、4月は新型コロナウイルス感染問題の影響で、再び28.6%の減少となった。

 それでも対前年比を見ると、クルマの売れ行きは、さほど極端には減っていない。たとえば2020年4月の百貨店の売り上げは、前年に比べて50~60%の大幅な減少となった。これに比べてクルマの売れ行きは、マイナスではあっても4月で30%以内に収まった。

 減り方が少なかった背景には複数の理由があり、まず今のクルマ販売の約80%が乗り替えに基づくことだ。購入を先伸ばしにすると、愛車が車検期間を満了するなど、クルマの使用に支障が生じる。乗り替えないわけにはいかない。

 2つ目の理由は納期だ。在庫車なら2週間程度で納車できるが、今は1車種当たりの売れ行きが下がり、コストを節約する目的もあって在庫車が減った。そうなると納期は一般的に1~2か月を要する。つまり2020年の2~3月に契約された車両が、4月に登録(軽自動車は届け出)されていた。

 コロナ問題が本格化する前に売れたロッキーが数字を伸ばした

 3つ目の理由として、クルマの販売店が、時間を短縮しながら営業を続けていたことも挙げられる。クルマの販売店は、長期間にわたって休業するのが難しい。車検、点検、修理も行うため、休業するとユーザーに迷惑を掛けたり、危険な故障車両の運行を招く。安全確保の観点からも、長期間の休業は難しい。

 そこで各店舗とも、入口で消毒を行い、極力3密(密閉・密集・密接)を避けて営業を続けた。これらの相乗効果で、4月の売れ行きも極端には下がらなかった。

 また4月の売れ行きをメーカー別に見ると、総台数では全社が減少したが、小型/普通車に限るとダイハツだけは対前年比が26%増えた。ダイハツも軽自動車は29.8%減り、総台数では26.8%減少したが、小型/普通車は唯一増加している。

 この理由も納期に基づく。ダイハツは2019年11月にロッキーを発売しており、これが人気車になって納期が約3か月に伸びた。従って4月に登録されたロッキーは、正月に開催された初売りフェアの頃に契約された車両だ。そのために台数が増えた。

 ちなみにダイハツの4月の登録台数(軽自動車の届け出台数を除く)は3354台で、ロッキーは2131台だから64%を占めた。もともとダイハツは軽自動車が中心で、小型/普通車の登録台数は少ないから、ロッキーが加わっただけで対前年比も大きくプラスに変わるのだ。

 それにしても今後の国内販売はどうなるのか。前述の通りクルマの受注と登録には、納期に基づく1~2か月の時間差がある。4月の外出自粛による受注の落ち込みは、数か月後に、対前年比の大幅なマイナスを招く。魅力的な新型車の投入などで、国内販売を盛り上げたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します