サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フィアット 500/500Cが内外装をリフレッシュ、ラインアップを一新して登場

ここから本文です

フィアット 500/500Cが内外装をリフレッシュ、ラインアップを一新して登場

2021年5月25日、FCAジャパンはフィアット500/500C(チンクエチェント/チンクエチェントC)に新グレード「Cult(カルト)」と「Dolceta(ドルチェヴィータ)」を設定し、シリーズのモデルラインアップを変更。6月5日より、全国のフィアット正規ディーラーで販売すると発表した。

ポップ、ラウンジにかわって、新グレード「カルト」「ドルチェヴィータ」が登場
愛らしいスタイリングや運転のしやすさにより幅広いお客様に親しまれているフィアットのアイコニックなコンパクトカー「フィアット500/500C」のモデルラインアップが変更されるとともに、内外装がリフレッシュされて登場した。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

従来の「1.2 Pop(ポップ)」「Lounge(ラウンジ)」にかわって、新グレード「Cult(カルト)」「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」が登場。フィアット500シリーズは、500 1.2カルト、500 TwinAir カルト、500 TwinAir ドルチェヴィータ、500C 1.2カルトの4モデルのラインアップとなった。

新グレード「カルト」はクルーズコントロールやパドルスイッチ、スピードリミッターを標準装備し、高速道路での快適性や操る楽しさをアップ、シートカラーおよびドアトリムカラーはブルーに変更された。

もうひとつの、新グレード「ドルチェヴィータ」は、クルーズコントロールの標準装備に加え、シートは上質なブラック/アイスの2トーンとなり、フロントフェンダーにはDolcevitaトリムバッジが追加される。

ボディカラーは、シチリアオレンジ(500/500Cカルト専用)とポンペイグレーの2色が新たに加わり、ボサノバホワイト、パソドブレレッドを合わせた全4色となる(パソドブレレッド、シチリアオレンジ、ポンペイグレーはオプション)。

フィアット500/500C 新モデルラインアップ(車両価格・税込み)
500 1.2 Cult(カルト):200万円
500 TwinAir Cult(カルト):221万円
500 TwinAir Dolcevita(ドルチェヴィータ):261万円
500C 1.2 Cult(カルト):266万円

フィアット500 TwinAir Dolcevita(ドルチェヴィータ)主要諸元
●全長×全幅×全高:3570×1625×1515mm
●ホイールベース:2300mm
●車両重量:1040kg
●エンジン:直2 SOHCマルチエアターボ
●排気量:875cc
●最高出力:63kW(85ps)/5500rpm
●最大トルク:145Nm/1900rpm
●トランスミッション:5速AMT
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・35L
●タイヤサイズ:185/55R15
●車両価格:261万円

[ アルバム : フィアット500/500C 新モデルラインアップ はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します