サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ライダーの負担軽減に貢献するクイックシフターは公道で役に立つのか?

ここから本文です
 そもそもクイックシフターとは、クラッチレバーを握らなくても、シフトアップやダウンができるようになる装備で、「オートシフター」とも呼ばれます。クイックシフターを取り付けると、シフトアップした際にシフトロッドに装着したセンサーが反応し、エンジンの点火を一瞬だけカットしてくれます。

 すると、エンジンの動力が一瞬だけ伝わらなくなるため、クラッチを切ったときと同じ動きになり、シフトアップが行えるという仕組みです。シフトアップの足の操作そのものは手動なので、マニュアルの楽しさを残しつつ、快適にライディングができるようになる、非常に便利なツールとなっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン