サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「六本木のカローラ」って?BMWの魅力をギュッと凝縮したE30型 3シリーズがスゴイ【MOTA写真館】

ここから本文です

BMWの基幹車種であり、日本をはじめ世界各国で人気の3シリーズの2代目にあたるE30型。バブル経済の後押しもあり、同時期に販売されたメルセデス・ベンツ 190E(後のCクラス)と共に大ヒットを記録し、日本に高級輸入車を広めた代表的な車種だ。特に都内で見かける数が多かったこともあり、「六本木のカローラ」と呼ばれ親しまれた。

一般庶民にも手が届くプレミアム欧州セダン

【今さら聞けない!?】車名当てクイズ! 輸入車編

2代目となったBMW 3シリーズは、2ドアセダン、4ドアセダン、2ドアカブリオレ、ステーションワゴン、スポーツセダンと幅広いバリエーションを展開。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン