サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヒュルケンベルグ、視線はF1からインディカーへ「F1という名の列車はもう出発してしまった」

ここから本文です
 ジュニアカテゴリーでの圧倒的な成績を携え2010年にF1へ昇格したニコ・ヒュルケンベルグのキャリアは不運の連続であったと言えよう。2019年を最後にレギュラードライバーのシートを失った彼は今、アメリカに視線を向けている。インディカーでの初テストに際し、これまでのキャリアを振り返り、未来の展望について語った。

 F1からインディカーへと活躍の舞台を移した直近のドライバーと言えば、ロマン・グロージャンが挙げられる。2020年までハースで不遇のシーズンを過ごしたグロージャンは、2021年からデイル・コイン・レーシングでインディカーデビュー。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン