サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロズベルグがメルセデスF1勢のディフェンスを批判「ボッタスの抜かれ方はひどかった」ハミルトンの“手ぬるさ”にも驚き

ここから本文です
 2016年のF1チャンピオンであるニコ・ロズベルグは、2021年F1第7戦フランスGPのメルセデス勢のコース上での戦い方に関して、レッドブル・ホンダに対する防御を諦めるのが早すぎたとして批判的な発言をしている。

 決勝でマックス・フェルスタッペンは上位勢で唯一、2回ストップ戦略を選び、終盤、新しいタイヤで4番手からポジションを上げていった。チームメイトのセルジオ・ペレスの前に出た後、バルテリ・ボッタスを抜き、残り2周のところでルイス・ハミルトンをオーバーテイクしてトップに立ち、優勝を飾った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン