サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT 第6戦 鈴鹿|ピットイン手前でのタイムロスが痛手に、8号車ARTA NSX-GTの野尻&福住「まだ何かが足りない」

ここから本文です
 鈴鹿サーキットで行なわれた2020スーパーGT第6戦で、今季3度目のポールポジションを獲得しながらも、優勝を飾ることができなかった#8 ARTA NSX-GT。野尻智紀は、前進した部分と改善がさらに必要な部分が明らかになったと、レースを振り返った。

 今回は野尻が第1スティントを担当し、GT300との混走をうまく使って後続との差を広げ、12周目には5.5秒のリードを築いた。ただ、ピットストップのタイミングでGT300のトラフィックに引っかかってしまい、それが大きなタイムロスにつながったという。

おすすめのニュース

サイトトップへ