サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【簡単解説】エンジンの気筒休止って、本当に止まってるの!?

ここから本文です
動いているか止まっているかで言えば、動いている。「気筒休止」という言葉から、ピストンの上下運動が止まるようなイメージがあるが、クランク軸が1本なので当然といえば当然。なので正確にいえば、吸排気バルブを閉じて燃焼しないようにしている状態のことを、「気筒休止」と呼ぶ。

一般的に直4の場合は2気筒を、V型エンジンでは片側バンクを休止させる。おもに高速道路での巡行時など、パワーが必要ないときにエンジンの半分を休止させ、排気量を小さくすることで燃費向上を図る機構である。

おすすめのニュース

サイトトップへ