サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 76年前に墜落した爆撃機B-29のタイヤが足立区の道端に…驚きの保存状態だった

ここから本文です

■足立区内に墜落した爆撃機B-29のタイヤ

第二次世界大戦終結から76年経った2021年、B-29のタイヤが現存していることを知った。情報源となった東京都足立区の区民報によると、区内で爆撃機に装着されていた当時のタイヤが見られるという。さっそく見に行くことにした。

ステルス戦闘機がモチーフ…NSX最終限定車「タイプS」のデザインを聞いた

B-29とは、当時アメリカ軍が使っていた爆撃機のことだ。爆撃機にはレシプロエンジンを使うのが通例だったが、あまり高い高度は酸素が不足するため飛行できなかった。その点、B-29はGE(ゼネラル・エレクトロニック)製のターボチャージャーを装着、過給によって酸素が薄い高度でも飛べた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン