サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第2回:沈着冷静な走りが身上。野生の本能をスパイスとして加えられるか

ここから本文です
 岩佐は2019年に鈴鹿サーキットレーシングスクールのフォーミュラ部門、SRS-Fでスカラシップを獲得すると、翌2020年はフランスF4に参戦した。そこで岩佐は全21レース中優勝9回、表彰台15回、トップ5フィニッシュ20回という抜群の成績で見事チャンピオンに輝いた。

 渡欧1年目とは思えない安定感と、高い適応力。これが最終的にレッドブルジュニア入りとハイテックからのFIA F3参戦に繋がった訳だが、そこには彼のバックボーンが関係しているのかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン