サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2022年春発売「日産+三菱の新型軽EV」は日本のクルマ社会を変えるか

ここから本文です

 今の日産と三菱は、合弁会社のNMKVを設立して、軽自動車を開発している。日産のデイズやルークス、三菱のeKシリーズは、いずれもNMKVによって造られた。

 そして2022年度初頭(2022年4~5月)には、両社で軽自動車サイズのEV(電気自動車)を発売すると発表。ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mmで、全高は日産仕様が1655mm、三菱仕様は1670mmと公表された。両車ともに20kWhの駆動用電池を搭載して、価格は補助金を差し引いた実質額が200万円からになるという。

なんと導入濃厚!? 新型e-POWERシルフィ発表&日産の名門日本復活へ!!

 現在、日本の自家用車のうち約4割が軽自動車となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ