現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [CX-60]ってやっぱ安いのよ!!  BMWやベンツなら1000万円越えじゃない!?

ここから本文です

[CX-60]ってやっぱ安いのよ!!  BMWやベンツなら1000万円越えじゃない!?

掲載 86
[CX-60]ってやっぱ安いのよ!!  BMWやベンツなら1000万円越えじゃない!?

 デザインだけでなく、性能面でも高い評価を得ている近年のマツダ車。SUVブームの中で発売されたCX-60に着目してみると、その性能、出来映えは非常に優秀。では何がそこまで高く評価されているのだろうか

文:藤野太一/写真:ベストカーWeb編集部

[CX-60]ってやっぱ安いのよ!!  BMWやベンツなら1000万円越えじゃない!?

■デザイン以外にも「らしさ」が詰まったCX-60

2022年に発売されたマツダのCX-60。全長約4.7mとミディアムサイズながら、上級モデルに迫る高級感、快適性能を有している

 近年マツダはスモールとラージ、2つの新世代商品群の開発を進めてきた。スモールの第1弾がマツダ3。そして、ラージの第1弾が2022年6月に国内発表されたCX-60だ。

 その最大の特徴は、縦置きエンジン+後輪駆動プラットフォームであること。この時代にわざわざFR用プラットフォームを新規開発するというマツダの志に、クルマ好きなら意気に感じるというものだろう。

 エクステリアは、マツダのデザイン哲学である魂動デザインの進化版。真横から見れば、後輪駆動プラットフォームの利点を活かした、ロングノーズ+ショートデッキで、CX−5と見比べてみると伸びやかなスタイルになっていることがわかる。

 パワートレインは、日本仕様では、3.3L直6ディーゼルターボの「SKYACTIV D 3.3」、それに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた「e-SKYACTIV D 3.3」、2.5L直4ガソリンの「SKYACTIV G 2.5」、それにモーターとバッテリーを組み合わせた「e-SKYACTIV PHEV」という4種類が用意される。

 トランスミッションは全グレードに新開発の8速ATを組み合わせる。トルクコンバーターレスとし、かわりに湿式多板クラッチを採用することで、ダイレクトでリズミカルな変速を実現するものだ。

 インテリアの質感も高い。ナッパレザーのホワイトやタンの内装などは、プレミアムな輸入車にも比肩する仕上がりだ。メーターは12.3インチの液晶パネルで、センターディスプレイも12.3インチとなっている。

 いまどきのタッチパネル式ではなく、手元にインフォテイメントシステムのコントロールダイヤルやセンターパネルにエアコンの操作パネルを配置するなど物理スイッチ類を多く残している。

 このあたりは、走行中はできるだけディスプレイを注視させないマツダの安全哲学という。



記事リンク















前の記事





堂々デザインで衝撃デビュー!! マツダの高級3列シートSUV[CX-80]が魅力の塊! 2024年秋に日本上陸なるか!?















次の記事





 スバル[BRZ]の一部改良モデルが生産終了! 間もなく毎年恒例の年次改良を発表か?















■SUVであってもしっかりと人馬一体

 マツダといえば従来からオルガン式アクセルペダルやペダルレイアウトなどにひとかたならぬこだわりをもってきた。マツダらしいのが、それをさらに効果的なものにするべく新機能の自動ドライビングポジションガイドを搭載したこと。

 ドラポジは自己流という人は案外と多いもの。正しいドラポジをとっていないとせっかくのペダルレイアウトも台無し。

 しかしこれがあれば、ドライバーの目の位置を検出するカメラと身長を入力したデータから体格を推定し、自動でマツダが考える人馬一体のシート位置などにセッティングしてくれるのだ。

どんなボディタイプであろうとも、スポーティさを追求するマツダ。そのDNAはしっかりとCX-60にも受け継がれている



記事リンク















前の記事





堂々デザインで衝撃デビュー!! マツダの高級3列シートSUV[CX-80]が魅力の塊! 2024年秋に日本上陸なるか!?















次の記事





 スバル[BRZ]の一部改良モデルが生産終了! 間もなく毎年恒例の年次改良を発表か?















■知れば知るほどコスパ最高のCX-60

FRをベースにした4WDシステムの「i-ACTIV AWD」を採用

 そして縦置きプラットフオームだけに、ロードスター譲りのKPC(キネマティック・ポスチャー・コントロール)が採用されており、ロールも少なくビタっと安定してコーナーを曲がることができる。

 また最新のADASはもちろん、マツダが以前から研究開発を進めているドライバー異常時対応システム(DEA)も搭載されている。ドライバーの状態をモニタリングし、異常を検知しドライバーが運転に復帰できないと判断すると自動で減速、停止し外部へ緊急通報を行うというもの。

 一度テスト車両で体験したことがあるが、周囲を巻き込んでしまうような事故を未然に防ぐすぐれた機能だ。

 世界が電動化に向けて突き進む中、あえて冷静にFRプラットフォームや直6エンジン、トランスミッションまでを新規開発してきた。

 それでいてスタートプライスは322万3000円~。もっとも高価なPHEV Premium Sportsでも646万2500円。

 これもCEV補助金55万円+自治体の補助金45万円(東京都の場合。各自治体によって変動)が受けられ、そして環境性能割非課税、重量税&自動車税減税なのだから、円安で輸入車は軒並み値上げし、あらゆる物価が高騰傾向のいまにあってコスパ最高といっていいと思うのだ。

【画像ギャラリー】3列版の新型CX-80がこれまたイイのよ!! ヴェルファイア並の内装がコレ(7枚)

投稿 [CX-60]ってやっぱ安いのよ!!  BMWやベンツなら1000万円越えじゃない!? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
Cクラスと3シリーズ待ってろよ! A4からA5となりセダン廃止! アウディ主力モデルが9年ぶりの渾身フルチェンジ!
Cクラスと3シリーズ待ってろよ! A4からA5となりセダン廃止! アウディ主力モデルが9年ぶりの渾身フルチェンジ!
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
[中は大を兼ねる!!]扱いやすくて見た目も立派!! だったらSUVはミドルサイズで決まりでしょ!
[中は大を兼ねる!!]扱いやすくて見た目も立派!! だったらSUVはミドルサイズで決まりでしょ!
ベストカーWeb
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
ベストカーWeb
アリスト顔ミニバン!! イプサムってじつは超絶画期的だったてマジ!?
アリスト顔ミニバン!! イプサムってじつは超絶画期的だったてマジ!?
ベストカーWeb
最大30万も安くなったってマジか!! [ラングラー]が売れ続けるのも納得だぜ
最大30万も安くなったってマジか!! [ラングラー]が売れ続けるのも納得だぜ
ベストカーWeb
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
ベストカーWeb
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
ベストカーWeb
格上にも匹敵の速さ[MR-S]!! 楽しさは[ロードスター]が別格! 超意外すぎた比較結果とは? 【リバイバルBESTCAR】
格上にも匹敵の速さ[MR-S]!! 楽しさは[ロードスター]が別格! 超意外すぎた比較結果とは? 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
プラス15万円の内容じゃないよガチで!! 純正アゲアゲクラウンって悩む余地なし!! 欲しいならマジで急げ!!
プラス15万円の内容じゃないよガチで!! 純正アゲアゲクラウンって悩む余地なし!! 欲しいならマジで急げ!!
ベストカーWeb
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
新型トール&ルーミーの発売が2027年秋に延期 軽HVも開発中止 ますますスズキに差を付けられる現実 がんばれダイハツ!
ベストカーWeb
LSとNXの試作車に乗って驚いた!! レクサスの走りが劇的に変わる! 欧州車との違いはプラットフォームにあった
LSとNXの試作車に乗って驚いた!! レクサスの走りが劇的に変わる! 欧州車との違いはプラットフォームにあった
ベストカーWeb
えええ、DIYなの!? 完成度ヤバ!! ベンツが市販化しなかったコンセプトカーをクルマ好きが自作した衝撃
えええ、DIYなの!? 完成度ヤバ!! ベンツが市販化しなかったコンセプトカーをクルマ好きが自作した衝撃
ベストカーWeb
国産コンパクト顔負け!! ルーテシアの燃費がヤバい! あえて選びたい外車コンパクト4選
国産コンパクト顔負け!! ルーテシアの燃費がヤバい! あえて選びたい外車コンパクト4選
ベストカーWeb
[アルピーヌ110]がMT固執概念を覆すってマジ?! ATでも全然楽しめるクルマを一挙に
[アルピーヌ110]がMT固執概念を覆すってマジ?! ATでも全然楽しめるクルマを一挙に
ベストカーWeb
新登場[GRヤリス]のATが超楽しい!! マニュアルいらずのデキ!? それでもMTを選ぶワケ
新登場[GRヤリス]のATが超楽しい!! マニュアルいらずのデキ!? それでもMTを選ぶワケ
ベストカーWeb
「ベストEクラスを探せ!」メルセデス・ベンツ EクラスコンシェルジュがアナタにぴったりのEクラスをお探しします!
「ベストEクラスを探せ!」メルセデス・ベンツ EクラスコンシェルジュがアナタにぴったりのEクラスをお探しします!
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

86件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

322.3567.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.9565.0万円

中古車を検索
CX-60の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

322.3567.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

239.9565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村