サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動アシスト自転車をシェア Luupが都内6区でサービス開始 乗り捨て可能

ここから本文です
 Luup(ループ、岡井大輝社長、東京都渋谷区)は25日、小型電動アシスト自転車を用いた短距離移動シェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」を都内6区で同日開始したと発表した。

 サービス提供地域は渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の一部。借り出し・返却が可能なポートを57カ所に設け、任意のポートへの「乗り捨て」を可能とした。コンビニや飲食店の入り口付近など、従来は困難だった狭小スペースへの設置も可能として、高密度なポート網を実現した。ポート数は順次増設し、3カ月後には2倍以上とする予定。

おすすめのニュース

サイトトップへ