サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 星野一樹「絶対泣かないって思ってたんだけど……」19年間のスーパーGTドライバー生活に終止符を打つ

ここから本文です
 星野一樹がスーパーGTシリーズ最終戦富士を最後にGTドライバーを引退した。9月7日に引退を発表後、SUGOやオートポリスで話を聞かせてもらう機会があったが、最後の富士に向けては「いきなり富士で頑張れるわけではありませんが、数字だけでなく記憶に残る走りを最後までしたいです。今まで応援してくれたみなさんに恩返しできるようなレースをしたいので、最後の一周まであきらめない走りを見てもらいたいです」と話していた。

 そして迎えた最終戦。土曜日の予選では、Q2を担当することになった。ピットの正面には星野”KAZUKING”一樹の最後のGTレースを見ようと応援団が陣取った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン