サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > PPを掴んだ関口雄飛の涙の理由「すごく苦しかった。こんなに嬉しいのはレースを戦ってきて初めて」【第4戦SUGO予選後会見】

ここから本文です

 2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦SUGOの公式予選が終了し、ポールポジションを獲得した関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、2番グリッドを獲得した牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、そして3番グリッドを獲得した阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)が会見に出席し、予選を振り返った。

■関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)
予選ポールポジション
Time:1分19秒231

【順位結果】2021スーパーフォーミュラ第4戦SUGO 公式予選

「久しぶりのポールポジションで、こんなに嬉しいのはレースを戦ってきて初めてですね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン