サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 四角いタフトをさらに四角く!? タフなアウトドアギア感たっぷりなDAMD「タフト little D.」【東京アウトドアショー2022】

ここから本文です

四角いタフトをさらに四角く!? タフなアウトドアギア感たっぷりなDAMD「タフト little D.」【東京アウトドアショー2022】

幕張メッセで2022年1月14日(金)~16日(日)に開催された「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」に、3台の軽ベースコンプリートカーを展示したDAMD(ダムド)。森林の中にいるかのような凝ったディスプレイには、同社のコンプリートカー「ジムニー little D.」と、ダイハツ タフトをカスタマイズした「タフト little D.」という2台の「little D.」が置かれていた。

ジムニーに続く「little D.」シリーズの第2弾は「ダイハツ タフト」

>>タフトの“タフ”さをさらにアップ! 「タフト little D.」を写真でもっと見てみる(全9枚)

ダムドが2019年に発売した「ジムニー little D.」は、スズキ ジムニーをランドローバー ディフェンダー風にカスタムしたことで大きな話題となった。

2021年には「little D.」シリーズの第2弾として、ダイハツ タフト用キット「タフト little D.」の発売もスタート。「ジムニー little D.」と同じく、ディフェンダー風の大きく角ばった格子グリルと、ボンネットカバーを特長とする。

同社の「ジムニー little D.」をセルフオマージュしたスタイリング

「タフト little D.」は、いうなれば「ジムニー little D.」のスタイリングを、タフトに落とし込んだセルフオマージュモデル。元々四角いタフトがさらにスクエアなクルマに見えるだけでなく、タフなアウトドア・ギア感も増している。

タフトは本来グリルレスなので、このグリルを装着するだけで別の車に見えるほどイメージが変わるのは興味深い。

タイヤのゴツゴツしたトレッドパターンを見せるため、バンパーはあえて正面からタイヤが見える形状にデザイン。タフトって元々こういうデザインだったのでは?と思うほどの完成度を誇る。

ドレスアップ効果も期待出来るオシャレなルーフラックにも注目

また、2台の「little D.」の屋根上には、「トリップバスケット ルーフラック」が装備されていた。頑丈な道具感たっぷりのスチール製ルーフラック前面には、自然のぬくもりを感じるナチュラルウッドをセット。機能性とファッション製を兼ね備えたルーフラックとして人気を博しているアイテムだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二・DAMD]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します