サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「RAV4」オプション全部盛りでいくら? 真の最上級仕様の価格とは

ここから本文です

トヨタ新型「RAV4」オプション全部盛りでいくら? 真の最上級仕様の価格とは

■1番イイ仕様のRAV4、車両価格はどれくらい?

 新車を検討するユーザーで、「最上級グレードのオプションフル装備」を購入したいという人がいます。どのようなクルマの最上級グレードであっても、メーカーオプション設定がない(全装備が標準)という例はほとんどなく、オプション装備を付けるか付けないかはユーザーの選択に任されています。

トヨタ 新型SUV「ハイランダー」発売! RAV4の兄貴的存在がさらに格好良くなった!

 高額な商品であるクルマであるからこそ、「せっかくだから一番良いものを買いたい」という気持ちもあると想像できますが、最上級グレードにメーカーオプションをすべて装着したとき、車両価格はいくらになるのでしょうか。人気モデルの「RAV4」を例にしてみましょう。

※ ※ ※

 RAV4は、1994年に初代モデルが発売されたトヨタのミドルサイズSUVです。

 現在日本市場では、2019年4月に発売された5代目が現行モデルとなっており、2019年12月末までの販売台数は5万3965台を記録。販売期間は約9か月間だったにも関わらず、2019年のSUVカテゴリで3位を記録しました。同年12月には「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー」も獲得しています。

 そんな人気のRAV4は、ミドルサイズSUVに分類されるものの、北米市場もターゲットとしたグローバルカーとして開発されたことから、歴代モデルと比べてボディは大型化し、車両価格も高額になっています。

 そこで、RAV4のもっとも良い仕様が欲しいと思い、最上級グレードにメーカーオプションをフル装備にすると、車両価格は果たしていくらになるのか、検証します。

 現行RAV4の車両価格(消費税込、以下同様)は、265万6500円から388万8500円です。

 RAV4の人気の理由のひとつとして、車格に対するコストパフォーマンスの良さを挙げる声もあり、トヨタの販売店スタッフも「RAV4より車格の小さい『C-HR』の価格帯は約230万円から約300万円となり、C-HRの上級グレードとRAV4は比較対象になりやすいです」とコメントしています。

 しかし最高額グレードとなる「HYBRID G」は、2.5リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「THSII」や電気式四輪駆動システム「E-Four」を搭載。優れた走行性能と環境性能を両立させた仕様となっている一方、車両価格も高くなっています。

 そして、このグレードで選択可能なメーカーオプションをすべて装着していきます。

 装着できるメーカーオプションのなかでも、とくに高額で、かつ外装および内装に大きな変化を与えるのが「パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動[フロント側]/挟み込み防止機能付)」です。

 開閉可能な大型サンルーフとなっており、車内の開放感を高めます。メーカーオプション価格は14万3000円です。

 ほかには、AC100V 1500Wの非常時給電システム付の「アクセサリーコンセント(ラゲージ)」も装備できます。1500W以下の電化製品が利用可能となり、レジャーや災害時に便利です。メーカーオプション価格は4万4000円となります。

 以上、2つの装備を含む、装備可能な7個のメーカーオプション(総額31万3500円)のほか、一般的なディーラーオプションとして「フロアマット(デラックスタイプ)」(2万7500円)と「ETC2.0ユニット」(2万5300円)を装備します。

 装備するメーカーオプションとディーラーオプションは次のとおりです。

・有償色:3万3000円

・パノラマムーンルーフ(チルト&スライド電動[フロント側]/挟み込み防止機能付):14万3000円

・アクセサリーコンセント(ラゲージ):4万4000円

・ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付):1万6500円

・デジタルインナーミラー:4万4000円

・おくだけ充電:1万3200円

・寒冷地仕様(タイマー付ウインドシールドデアイサー など):1万9800円

・フロアマット(デラックスタイプ):2万7500円

・ETC2.0ユニット:2万5300円

※ ※ ※

 以上、装備できるすべてのメーカーオプションとフロアマット、そしてETC車載器を装備した結果、RAV4の「もっとも良い仕様」の車両価格は425万4800円となりました。諸費用込みでも450万円以下で購入できるようです。

 車両価格を高いと見るか、意外にリーズナブルと見るかは人によって異なるものの、エントリーモデルの価格から約160万円の価格差となっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します