サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【特集】F1史上最高の逆転劇は、どのようにして起こったのか:1983年アメリカ西GP~後編~

ここから本文です
 マクラーレンのジョン・ワトソンが22番グリッドスタートから優勝を収めた1983年のF1アメリカ西GP。F1史上最も後方グリッドからの逆転劇は、どのようにして起こったのか? 前編ではワトソンとトレーナーのウィリー・ダングルとの出会いなどを取り上げたが、後編は決勝日の朝からの出来事をワトソンの回想と共に振り返る。

 ロングビーチ市街地コースで行なわれたアメリカ西GP予選。ターボエンジンを搭載するルノーに合わせて設計されていたミシュランタイヤをうまく機能させられず、フォード自然吸気(NA)エンジンを積むマクラーレンはワトソンが22番手、ニキ・ラウダが23番手に沈んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ