サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW 1シリーズ中、最も低燃費な「118d」を追加発売

ここから本文です

BMWジャパンは2020年4月2日、コンパクト・モデルの1シリーズのラインアップに、クリーン・ディーゼルエンジンを搭載する「118d」を追加しました。「118d」は1シリーズの中で最も低燃費で、WLTCモードで16.7km/Lを記録しています。

モデル概要

ダイハツ ハスラーとガチ勝負の新型軽自動車クロスオーバーSUV「タフト」の先行予約を開始

この118dは、一部装備内容を変更し、価格を抑えた「Edition Joy(エディジョン・ジョイ)+」をラインアップし、さらに3年間の無償メンテナンス、タイヤ/キーの破損や紛失の際の費用サポート等が含まれる「BMWサービス・インクルーシブ・プラス」を無償提供したお買得モデルです。

おすすめのニュース

サイトトップへ