サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD予選後会見:「短時間で最適化作業をきちんと進められた」FP2では出力を落としてレースに向けた調整へ

ここから本文です
『スプリント予選』が導入された2021年F1第10戦イギリスGP初日、フリー走行ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2番手以下に0.7秒以上の差をつける圧倒的な速さを見せた。しかし夕方からの予選では、地元ファンの大歓声を受けたルイス・ハミルトン(メルセデス)に0.172秒及ばず2番手にとどまった。

 初代スピードキングの称号は獲得できなかったものの、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは「パワーユニットに関してはトラブルもなく、短い時間のなかで最適化作業はきちんと進められた」と、自信を見せた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン