サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 買ったのに乗れない! いま話題の新型車の「納期遅延」が常態化しているワケ

ここから本文です
 正式発表前のプレ受注が納期遅延の要因に!?

 最近発売される新型車では、ほぼ常態化しているのが“納期遅延”。「目標販売台数の約4倍」などというニュースを目にしたひとも多いはず。たとえば、トヨタ・ライズでは2019年11月5日の発売から1カ月時点での累計受注台数が約3.2万台となり、目標月販台数の約8倍となったとのリリースをトヨタが発信している。ライズの場合は、その後もオーダーが大量に入り続け、納期遅延傾向が続いていたが、本稿執筆時点でWEBサイトの出荷目処をみると“1カ月程度”となっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ