サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボカーズ、化石燃料を使わないスチールの研究開発を開始…自動車メーカー初

ここから本文です
ボルボカーズ(Volvo Cars)は6月16日、スウェーデンの鉄鋼メーカーのSSABと提携を結び、自動車メーカーとして初めて、化石燃料を使わないスチールの研究開発を開始した、と発表した。

世界の鉄鋼産業は現在、原料炭に依存した高炉を用いた鉄鉱石ベースの製鉄技術が主流であることから、世界の直接炭素排出量の約7%を占めている。ボルボカーズの場合、自動車に使用される鉄鋼生産に関連するCO2排出量は、自動車に使用される部品の素材や生産に伴うCO2排出量全体のうち、内燃エンジン車で約35%、EVでは約20%に相当する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン