現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『アバルト695』に180PSまで強化された2種類の新モデル登場。カブリオレの『695C』も設定

ここから本文です

『アバルト695』に180PSまで強化された2種類の新モデル登場。カブリオレの『695C』も設定

掲載
『アバルト695』に180PSまで強化された2種類の新モデル登場。カブリオレの『695C』も設定

 名門ABARTH(アバルト)の高性能スポーツモデル『695』に、最高出力180PSのターボエンジンを搭載する、スポーツ性と快適性のバランスに優れた新モデル『695 Turismo(695ツーリズモ)』と『695 Competizione(695コンペティツィオーネ)』が登場。前者にはカブリオレタイプの『695C Turismo(695Cツーリズモ)』も設定され、3月14日より販売が開始されている。

 現在のアバルトのラインアップにおいて、ロングツーリングでの快適性とワインディングロードでの俊敏性といった、相反する要件を高次元で満たすバランスの取れたモデルとされる『695』シリーズが、新たな装備類や最高出力の引き上げられたパワートレインを搭載し、よりスポーツ性能を高めたモデルとなって登場した。

ACコブラ復活へ。最高出力663PSの新型V8マッスルカー『コブラGTロードスター』イメージ公開

 注目の心臓部には、最高出力180PSを生み出す強力な1.4リッター直列4気筒DOHCインタークーラーターボエンジンを載せ、ダイナミックな走りを実現。フロントの足回りにはKONI製サスペンションとブレンボ製ブレーキキャリパーを標準装備とし、デイリーユースでも扱いやすい乗り心地を確保しながらも、スポーツドライビングのハードなブレーキングにも耐えうる優れた放熱性と制動力を発揮する。

 エクステリアでは、ソリッド系のグレーとホワイト、メタリック系のグレーとブラックの4色のカラーバリエーションが用意され、さらに『695コンペティツィオーネ』には専用色として、鮮烈な“ロッソ・パッション”を追加設定。また、カーボンエクステリアミラーキャップを採用するなど、より精悍な装いとした。

 一方のインテリアでも、ブラックとブラウンが用意されるヘッドレスト一体型のスポーツシートや、アルカンターラを施したインストルメントパネルを採用するなどスポーティな空間を演出。こちらも『695コンペティツィオーネ』のみカーボンシートバックシェルを装備し、スポーツ走行時もドライバーをサポートする。

 その上でビーツ製のプレミアムサウンドシステムを全グレード標準装備とし、価格は全車右ハンドルのATモード付5速AMT仕様となる『695ツーリズモ』が457万円、同『695Cツーリズモ』が493万円、そして左ハンドル5速MTの『695コンペティツィオーネ』が480万円、同右ハンドルAMT仕様は500万円(すべて税込)となっている。

『695 Turismo(ツーリズモ)』公式サイト:https://www.abarth.jp/695_turismo/
『695 Competizione(コンペティツィオーネ)』公式サイト:https://www.abarth.jp/695_competizione/

こんな記事も読まれています

ド迫力顔のいすゞ新型「スポーティ四駆」実車展示! 鮮烈オレンジがカッコイイ「新型D-MAX」タイでお披露目
ド迫力顔のいすゞ新型「スポーティ四駆」実車展示! 鮮烈オレンジがカッコイイ「新型D-MAX」タイでお披露目
くるまのニュース
ダンロップの新タイヤ「SPORTMAX Q5A」  日本導入予定のカワサキ「Ninja 7 Hybrid」「Z7 Hybrid」
ダンロップの新タイヤ「SPORTMAX Q5A」 日本導入予定のカワサキ「Ninja 7 Hybrid」「Z7 Hybrid」
バイクのニュース
スマート初の電動SUVクーペ「#3」、航続455km…受注をドイツで開始
スマート初の電動SUVクーペ「#3」、航続455km…受注をドイツで開始
レスポンス
これがルノー・スポール最後のイベント! 袖ヶ浦で「走りまくり」の「R.S.アルティメット・デイ」が盛大に開催された
これがルノー・スポール最後のイベント! 袖ヶ浦で「走りまくり」の「R.S.アルティメット・デイ」が盛大に開催された
WEB CARTOP
ショベルヘッドキック始動一発! リジッドチョッパー乗りこなす驚愕ハーレー女子が京都にいた!!
ショベルヘッドキック始動一発! リジッドチョッパー乗りこなす驚愕ハーレー女子が京都にいた!!
WEBヤングマシン
「第12回大阪モーターショー2023」インテックス大阪で開幕 関西次世代モビリティの祭典 12/11まで開催
「第12回大阪モーターショー2023」インテックス大阪で開幕 関西次世代モビリティの祭典 12/11まで開催
日刊自動車新聞
どの仕様もBMWらしい走りの X1…木下隆之【日本カーオブザイヤー2023-2024】
どの仕様もBMWらしい走りの X1…木下隆之【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
【トヨタの近未来EV戦略】トヨタが電気自動車攻勢を開始 2026年までに少なくとも6台の電気自動車を投入
【トヨタの近未来EV戦略】トヨタが電気自動車攻勢を開始 2026年までに少なくとも6台の電気自動車を投入
AutoBild Japan
MT設定!? ダイハツ「新型2シータースポーツカー」“再度”お披露目! FR&MT搭載の新モデルに期待高まる! 市販化求む声多い「ビジョン コペン」来名に大反響
MT設定!? ダイハツ「新型2シータースポーツカー」“再度”お披露目! FR&MT搭載の新モデルに期待高まる! 市販化求む声多い「ビジョン コペン」来名に大反響
くるまのニュース
BMWの水平対向エンジンが、ようやく「ちゃんと左右対称」に! 新型R1300GSのエンジン進化がすごいって話
BMWの水平対向エンジンが、ようやく「ちゃんと左右対称」に! 新型R1300GSのエンジン進化がすごいって話
モーサイ
「ハイブリッドカーのパイオニア」が3度目の栄冠! 2023-2024の“今年の1台”はトヨタ「プリウス」に決定! 輸入車部門はBMWに
「ハイブリッドカーのパイオニア」が3度目の栄冠! 2023-2024の“今年の1台”はトヨタ「プリウス」に決定! 輸入車部門はBMWに
VAGUE
降雪で立ち往生したからクルマを路駐したまま離脱! それでも駐車違反になるのか?
降雪で立ち往生したからクルマを路駐したまま離脱! それでも駐車違反になるのか?
WEB CARTOP
アルピーヌ、日本導入予定の『A110Rチュリニ』を出展へ…東京オートサロン2024
アルピーヌ、日本導入予定の『A110Rチュリニ』を出展へ…東京オートサロン2024
レスポンス
ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?
ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?
くるまのニュース
世界最速の原付「NSX-52」 非公認ながら最速記録を15km/h以上更新
世界最速の原付「NSX-52」 非公認ながら最速記録を15km/h以上更新
バイクのニュース
買える価格帯で走らせても楽しいプリウス…片岡英明【日本カーオブザイヤー2023-2024】
買える価格帯で走らせても楽しいプリウス…片岡英明【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
キューバデザインのスイスメイド時計「クエルボ・イ・ソブリノス」からブリティッシュグリーンの限定クロノグラフが発売
キューバデザインのスイスメイド時計「クエルボ・イ・ソブリノス」からブリティッシュグリーンの限定クロノグラフが発売
カー・アンド・ドライバー
メガーヌR.S.ウルティムの展示やトークショーを開催!ルノー、東京オートサロン2024出展を発表
メガーヌR.S.ウルティムの展示やトークショーを開催!ルノー、東京オートサロン2024出展を発表
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村