サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「あえてMT車に乗るメリット」は存在する? AT率約9割でもMT推奨派が多い謎

ここから本文です

■MT車をすすめる合理的な理由はほとんどない

 スポーツカーなど一部の車種をのぞき、ほとんど見ることのなくなったMT車。ATやCVTが進化するなかで、いまあえてMT車を選ぶメリットはあるのでしょうか。

6速MT搭載! ホンダ新型「シティハッチバックRS」発表

 1985年には新車販売台数の半数以下、比率にして48.5%しかなかったAT車ですが、1990年代以降急速に普及し、近年では新車販売の実におよそ99%がAT車(CVTを含む)となりました。

 MT車が設定されているのは、軽トラックなどの商用車、そしてスポーツカーなどの極めて限られたモデルとなっているのが現状です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン