サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル2020年代前半に電動SUV市場投入! 30年までにEV・HV比率を4割以上拡大へ

ここから本文です

■電動モデルでもスバルらしさを目指す

 スバルは2020年1月20日、報道関係者を対象に開催した「SUBARU 技術ミーティング」において、2030年までに全世界販売台数の40%以上を、電気自動車(EV)とハイブリッド車にする方針であることを公表しました。

日産 新型「シルビア」e-POWER搭載で復活か 実は凄い新世代FRスポーツの可能性とは

 スバルのEVモデルは、2020年代前半にCセグメントSUVから導入される予定で、ハイブリッド車においては、これまでのマイルドハイブリッド(e-BOXER含む)や北米で販売されている「クロストレック ハイブリッド(日本名:XV)」に加え、ストロングハイブリッドの開発も進められることになります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン