サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ・クラウン リコール届出 ヘッドライト不具合 光度低下のおそれ タクシーなど対象

ここから本文です

ヘッドライト不具合

トヨタは、2022年6月29日付で、クラウン(2012年12月24日~2015年9月4日製造)計121台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

【画像】対象機種は?【画像で確認】 全3枚

国土交通省によると、前照灯(ヘッドライト)において、タクシー用途などで使用する際、想定を超えて長時間点灯し続けるとバルブからの熱と紫外線により反射板のアルミ蒸着が剥離することがある。

そのため、そのまま使用を続けると集光不足となり、光度が徐々に低下し、最悪の場合、保安基準第32条(前照灯の基準)を満足しなくなるおそれがあるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン