サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 視力が回復したら運転免許の「眼鏡等」はどうなるのか そのままだと違反!?

ここから本文です

レーシックしても「眼鏡等」?

 視力が一定以下の人がクルマなどを運転する場合、運転免許証に「眼鏡等」の条件がつき、メガネやコンタクトレンズなどで視力を矯正して運転することが義務付けられます。これに反すれば罰せられるうえ、仮に事故を起こせば、運転者の過失も問われることになります。

使い道ほぼなし レア運転免許「大型特殊二種」「けん引二種」 なぜ取る人がいるのか?

 では、レーシック手術などで視力が十分に回復した場合、その条件はどうなるのでしょうか。

 警察庁によると、視力が回復したら、なるべく早く、免許証を持って運転免許センターや運転免許試験場に行ってほしいといいます。

おすすめのニュース

サイトトップへ