サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「日本1周は何日掛かる?」 車でひたすら走ったら… 燃料代はどのくらい?

ここから本文です

「日本1周は何日掛かる?」 車でひたすら走ったら… 燃料代はどのくらい?

■自宅で日本を最短距離で一周!

 全国的にも不要不急の外出を自粛する動きが2月半ば頃から出ています。週末にクルマで出掛けたいという人も最近では出掛けられなくなっていますが、そんなときに「バーチャル日本1周」はどうでしょうか。

ガソリンなんて気にしない! 国産車燃費激悪ランキングワースト3!

 そこで、日本をできるだけ最短距離で一周をするとしたらどれくらいの日数と燃料代が必要となるのか、計算してみました。

 バーチャル日本1周に選んだクルマは、2019年にもっとも売れたコンパクトカーの日産「ノート」と、ミニバンNo.1に輝いたトヨタ「シエンタ」です。

 ノートは、e-POWER搭載車のなかでもっとも価格が低価格な「e-POWER S」[k1]。シエンタは燃費もよく快適装備の多いハイブリッド車の「G Cuero」を選択します。

 両車は、東京・日本橋から太平洋沿いに九州最南端・佐多岬を目指し、日本海側から北海道へと渡って宗谷岬に到着後、ゴールである日本橋へと戻るルートを辿っていきます。

 ガソリンは満タン、燃費はカタログにあるJC08モードを参考にし、ガソリン価格は資源エネルギー庁が発表した2020年3月30日時点の店頭現金小売価格である136円(レギュラーガソリン)を基準として、日本橋を出発します。

 最初に目指す佐多岬は、東京都中央区の日本橋から各地の高速道路を繋いで約1466kmの距離です。所要時間は約18時間となりますが、実際に18時間走り続けることは体力・集中力の面から厳しい目標となります。そのため、最初のゴールは九州・福岡県「博多駅」としてみましょう。

●1日目(日本橋 ⇒ 博多駅)

 日本橋から博多駅まで、東名高速などを使い、約1100kmの道のりを2台は約13時間で走り切ります。

 ノートの燃料タンク容量は35L、JC08モード燃費が37.2 km/Lとなるため、約1300kmの走行が可能です。シエンタの燃料タンク容量は42L、JC08モード燃費28.8km/Lとなり、約1210kmは走行できるため、カタログ数値上ではどちらも無給油で日本橋から博多駅まで行ける計算となります。

 燃料代は、ノートがおよそ5L残していたため、30Lの給油となり4080円。シエンタはおよそ4L残していたため、38Lの給油で5168円となりました。

●2日目(博多駅 ⇒ 佐多岬 ⇒ 山口駅)

 2日目、ノートとシエンタは、九州最南端・佐多岬を目指して出発します。

 博多駅から佐多岬までは、九州自動車道を南下して約5時間の道のりです。佐多岬到着後、今度は来た道を戻り、本州・山口県山口駅まで7時間をかけて向かいます。

 2日目の全行程は、博多駅から佐多岬の約390km、佐多岬から山口駅の約535kmを合わせ、925kmとなりました。

 ここから先、ノートとシエンタが互いにどれくらい燃料代がかかったのかは、日本橋へゴールをしてから答え合わせしてみましょう。2台の旅はまだまだ続きます。

●3日目(山口駅 ⇒ 新潟駅)

 3日目は、1日目の走行距離に相当する約1030km、山口駅から新潟県の新潟駅までの距離を12時間で走破します。

 通るのは、中国自動車道から北陸自動車道を辿るルートです。山口県から兵庫県まで繋がる中国自動車道は、険しい中国山地に沿って作られたカーブの多い道路です。

 岡山県内には、カーブの半径が200mに及ぶ「R=200」という急カーブもあり、実際に走行する場合は注意が必要なルートです。

■旅は折返し!? 果たして何日間で日本1周出来る?

●4日目(新潟駅 ⇒ 青森 ⇒ 函館)

 ここまで運転し続けてきましたが、日本最北端・宗谷岬へ向かうには、各地の港から出発するフェリーで北海道に上陸する必要があります。

 今回は、青森県青森市から北海道函館市へ向かう「津軽海峡フェリー」を利用して上陸します。

 新潟駅から青森港までは、日本海沿岸の国道7号線を北上し、白神山地を抜けていきます。青森港からは津軽海峡フェリー「ブルーマーメイド」「ブルードルフィン」「ブルーハピネス」などを利用し、函館港を目指します。

 この日の走行距離は約450kmですが、クルマでの移動時間は約6時間30分、フェリーでの移動時間は3時間40分となり、合わせると10時間10分に及びました。

●5日目・6日目(函館港 ⇒ 宗谷岬・宗谷岬 ⇒ 函館港)

 フェリーで函館港に到着後、いよいよ日本最北端・宗谷岬を目指します。

 しかし、北海道の面積は8万3450キロ平方メートルという途方もない広さです。2日目に往復した九州でさえ3万6750キロ平方メートルですので、北海道だけで九州の倍以上の面積があることになります。

 函館から宗谷岬までの走行距離は、道央自動車道を経由して約650km、所要時間はなんと約9時間に及びます。往復で約1300km・18時間の道のりは、1日ではとても往復はできません。そのため、宗谷岬に一泊して函館へと戻ることになります。

 なお、函館港から札幌駅までの走行距離だけでも320km、所要時間は4時間に及びます。北海道が桁違いの広さを持っていることを実感できる距離と時間です。

●7日目(函館港 ⇒ 日本橋)

 6日目に宗谷岬から函館港に戻り、7日目は函館港から本州へ渡るところからスタートします。

 津軽海峡フェリーには、「青森-函館」のほかに、「函館-大間」を結ぶルートもあります。太平洋側へのアクセスは、青森県北東部の下北半島にある「大間港」がベストです。

 そのため、日本橋へ向かうルートも、函館港から大間港を経由し、八戸自動車道から東北自動車を使う太平洋側を辿ります。

 函館港から大間港までは1時間30分と、青森港・函館港の航路の半分以下の時間で到着します。そして、大間港から東京・日本橋までの距離は約810km。所要時間約10時間20分となります。

 1日目の日本橋から博多駅の約1100km・13時間に比べて短いこの距離を、ノートとシエンタは一気に走り切り、2台は1週間をかけて、最短距離で東京・日本橋へ戻ってくることができる計算となりました。

 ノートとシエンタが実際に走った距離は、7日間の全行程を合わせて5615kmです。では、2台は何度給油をおこない、燃料費にはどれくらいの差が出たのでしょうか。あらためて2台の燃費性能を見比べてみましょう。

 結果は、ノートが給油回数5回、燃料代は約2万3800円。シエンタは、給油回数4.5回、燃料代は約2万6515円となりました。

※ ※ ※

 今回のルートや時間、給油回数、燃料代などは、運転の仕方、乗車人数などによってもことなり、あくまでも机上の数値です。

 新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出は自粛しなければなりません。そんな家での暇つぶしとして、バーチャルでの日本一周を楽しんでみるのも良いかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します