サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【いま買うならHV? それともPHV?】続々増加中のプラグインハイブリッド買って得する人損する人

ここから本文です

【いま買うならHV? それともPHV?】続々増加中のプラグインハイブリッド買って得する人損する人

 PHVはバッテリーが底をついても電欠の心配は無用!

 世界中のクルマが今、電動化の道を進んでいる。20××年までにすべてのクルマを電動化する! と宣言している自動車メーカーもあるぐらいなのだから。

これからはプラグインハイブリッド! いま買える国産PHVとその中身3選

 では、これから新車を買うとして、プリウスに代表される2モーターのストロングHVがいいのか、いっそ、HVとEVのいいとこ取りという立ち位置のPHV(プラグインハイブリッド)にするか、電動車に興味がある人にとっては悩みどころではないだろうか。

 HVは言うまでもなく、ガソリンエンジンにモーターを追加したクルマ。その意義は、ガソリン車を圧倒する燃費性能にある(大きく重いトヨタRAV4 HVで、走り方によっては18km/L以上はいく!)。

 また、PHVと違い充電はできないものの、それがゆえに自宅に充電器を持たないユーザーも使いやすい。当然、PHVにくらべてリーズナブルな価格で買えるのもメリットと言えるだろう。2モーターのHVに用意されるAC100V/1500Wコンセントも便利だ。

 一方、PHV=プラグインハイブリッドは、HVに対してモーターだけで走行できるEV走行距離が長いのが特徴だ。プリウスPHVを例に挙げれば、JC08モードのカタログ値は最高68.2km。実際にはエアコンなどの電装品を使うと70%ぐらいになるものの、実質48kmぐらいはエンジンを使わず、排気ガスを出すことなく、モーターだけのEV走行が可能になるわけだ(燃費性能はJC08モードで、プリウス、プリウスPHVともに最高37.2km/Lと同一)。毎日の自宅周辺の日常走行なら、ガソリンをまったく使わずに走ることも可能だろう。

 また、PHVはリーフなどのピュアEVと違い、バッテリーが底をついても、HV、エンジン走行モードで走行が可能。電欠の心配は一切ない。充電設備のある自宅だけでなく、出先で充電もできるから、EV走行距離を伸ばすこともできる。さらに、PHVは大容量バッテリーによる給電も可能で(HVでも可能)、アウトドアはもちろん、災害時に自宅に給電(給電システムが必要)することもできるため、災害・地震大国の日本では、万一の際の安心をもたらしてくれる給電車にもなりうる。愛犬家にとっても、ほとんどの避難所に愛犬連れで入れないため、自宅避難を余儀なくされる場合でも、PHVは強い味方になってくれるはずである。

 ゆえに、現時点で使いやすい理想的な電動車とも言えるのがPHVなのだが、当然、HVに対して高価。プリウスファミリーを例にとると、HVのAプレミアムの323万4000円に対して、PHVのAプレミアムは388万5200円と、65万1200円も高価になる。給電はHVでも可能なので、最大のメリットはEV航続距離の長さ、ということになる。

 PHVの課題は価格と充電環境が少ないところだ

 価格とともにPHVの問題点は、充電環境だ。PHVはEVのように充電ありきのクルマではないものの、充電をしないとそのメリットを最大限に生かせない。つまり自宅に充電設備があるのが基本で、充電設備を導入できる一軒家ならともかく、集合住宅で充電設備があるような環境はなかなかないはずだ。知り合いもEVの購入をきっかけに、集合住宅の管理組合に自腹による充電設備の設置を要請したものの、住民全員の賛同が得られるはずもなく(場所、電気代などに問題あり)、あきらめた経緯がある。

 ドライブ途中の充電も、ナビやスマホアプリで最寄りの充電スポット(全国の充電スポットは急速充電器約6500基、普通充電器約1万4900基/2019年7月時点)を検索でき、ルート設定が可能ではあるものの、場所によっては1基しかないところもあり、優先すべきEV車が先に充電していれば、数十分は待つことにもなる。ガソリンの給油のようにスタンドがどこにでもあり、さっと給油するようなことはできないのがEV、PHVでもある。

 自宅マンションの1階が自動車ショールームで、そこに有料ではあるものの充電設備があるような環境でないとEVはもちろん、PHVでも所有するのはハードルがまだまだ高いのである(PHVは自宅に充電設備がなくても、EVと違い、不便なく乗ることは可能)。

 だが、そうしたPHVのデメリットがある上でもPHVを所有するメリットがあるのは、アウトドア派ユーザーではないだろうか。とくにアウトランダーPHEVや、2020年中に発売が予定されているRAV4 PHEVのようなSUVは悪路に強いだけでなく、車体が大きいため大容量バッテリーを積みやすく、EV航続距離の長さは当然として、給電容量の余裕によってアウトドアや災害時での給電に多大なるメリットをもたらしてくれる。

 2019年5月時点でPHV世界販売台数NO.1のアウトランダーPHEVを例に挙げると、満充電、ガソリン満タンの状態で、V2H機器を介して一般家庭の電力量最大約10日分をまかなうことができるというのだから、頼りになる。繰り返すけれど、ペットと暮らしているなら、PHVは災害時に給電可能なマイ避難所としても活用できるクルマになりうるのである(100V/1500Wコンセントを備えたHVもしかり)。

 そう考えれば、ガソリン車、HVに対する、以前より縮まったとはいえ決して小さくはない価格差も、納得できるというものではないだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します