サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【海外試乗】「ポルシェ911カレラ」やや遅れてやって来た魅惑のエントリーカレラ

ここから本文です

【海外試乗】「ポルシェ911カレラ」やや遅れてやって来た魅惑のエントリーカレラ

順次新しいモデルがデリバリーされる992型のポルシェ911。高性能版の911カレラSに続き登場したのは、エントリーモデルとなる911カレラ。日本では“素のカレラ”と呼ばれ、ポルシェの素材そのものを味わえるモデルとしてとりわけ人気が高い。フランクフルトからシュツットガルトまで試乗した第一印象をお届けしよう。

“素”のカレラが911の根幹をなす

【比較試乗】「ポルシェ911 カレラ4S vs ランボルギーニ・ウルス vs ロータス・エヴォーラ vs シボレー・カマロ vs マツダ・ロードスターRF」世界中のアスリートたちが集結!

第8世代となった新型911、タイプ992も近年の法則にのっとりバリエーションを順次拡大している。今年7月にベースとなる「カレラ」と「カレラ・カブリオレ」が、そして9月のフランクフルト・モーターショーで、「カレラ4」と「カレラ4カブリオレ」という4WDモデルが追加された。
フランクフルト・モーターショーのプレスデー翌日、カレラをはじめとするベース系4モデルを乗り換えながら南へ約200km、ポルシェ本社のあるシュツットガルトへと向かった。

高性能なS系とベースモデルの最大の相違点は、もちろんエンジン出力だ。991型後期より採用された3L水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載するのは両者共通。カレラSが最高出力450ps、最大トルク530Nmを発揮するのに対して、カレラは最高出力385ps、最大トルクは450Nm。991比では+15ps、トルクは同値となっている。欧州仕様では最新の排ガス規制をクリアすべくガソリン微粒子フィルター(GPF)が備わるが、規制の異なる日本仕様では非装着で良いという。おそらく日本仕様のほうが水平対向エンジンのダイレクトなフィーリングを味わえるはずだ。

カレラの標準ホイールはフロント19インチ、リア20インチなのに対して、試乗車はオプションのフロント20インチ、リア21インチ、タイヤはグッドイヤーのイーグルF1を装着していた。また、タイプ992の特徴として、従来はRWDと4WDで使い分けていたボディ幅が統一されることになった。RWDでも4WDと同様、全幅は1852mmに、またフロントトレッドは約50mmも拡大した。

待望の“素”が登場

インテリアは、初代911を彷彿とさせる水平基調のデザインに最新のデジタルデバイスを組み合わせたモダンなもの。伝統の5連メーターは、中央のタコメーターのみアナログで、周りの4つはデジタル液晶になった。スマートキーゆえシリンダーに鍵をさすという行為は必要なくなったけれど、ノブを右にひねって始動する伝統の儀式は踏襲されている。

GPFの影響なのか、暖気を終えたエンジンは思いのほか静かだ。用意された試乗車のすべてにオプションのスポーツエキゾーストが装着されていたことに合点がいった。4000rpmを超えたあたりから抜けのいい音に変わる。アルミの比率を7割にまで高めたという高剛性ボディの影響もあって、静粛性も高い。フランクフルト市街地の荒れた路面からのショックも一発で吸収する。カレラには、リアアクスルステア(4WS)の設定はないが、ギア比は先代比で11%高められており、入力に対して素直に反応する。タイプ992では標準になった8速PDKは、低速域からスムースに変速を行ない、ノーマルモードでは効率を求めリズムよくシフトアップしていく。

フロントトレッドの拡大によってスポーツカーとしての性能を高めたのはもちろん、スタビリティも大幅に向上し、グランドツアラーとしての能力に磨きがかかっている。日本で先に試乗したカレラSほどの速さはない。しかし、アウトバーンやドイツ郊外のワインディングロードを走っていると、適度なパワー感、ミリ単位の操作に反応するステアフィール、911らしい意のままのブレーキフィールに魅了された。誰にでも扱いやすく、速く、快適に、911の根幹をなすモデルとして 「カレラ」は、確実に進化し深化している。

【SPECIFICATION】PORSCHE 911 CARRERA/ポルシェ911カレラ
■全長×全幅×全高=4519×1852×1298mm
■ホイールベース=2450mm
■トレッド=前1591、後1557mm
■車両重量=1505kg
■エンジン種類=水平対向6気筒DOHC24V
■内径×行程=91.0×76.4mm
■総排気量=2981cc
■圧縮比=9.5
■最高出力=385ps(283kW)/6500rpm
■最大トルク=450Nm(45.9kg-m)/1950-5000rpm
■燃料タンク容量=64L(プレミアム)
■ミッション形式=8速DCT
■サスペンション形式=前ストラット/コイル、後マルチリンク/コイル
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤ(ホイール)=前235/40 ZR 19(8.5J)、後295/35 ZR 20(11.5J)
■車両本体価格(税込)=13,597,222円

 

カレラ4は明確にフロントの安定感が増していた。クラッチとディファレンシャルギアは水冷式となり、さらなる耐久性と高い負荷容量を確保。フロントアクスルのレスポンスが向上し、トルクの微調整が可能となった。

 

ポルシェ911カブリオレ
ソフトトップの骨組みはマグネシウム合金製で、高速走行時にも静粛性は高くてバタつくことはない。 50km/hまでなら走行中でも開閉が可能。新機構により開閉の所要時間は約12秒にまで短縮されている。

 

お問い合わせ
ポルシェジャパン 0120-846-911

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します