サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 首都高の料金改定から1カ月、長距離利用が減少

ここから本文です
 国土交通省は24日、料金改定後1カ月の首都高速道路などの交通状況を発表した。首都高速の長距離利用が減少し、千葉外環の利用が増えたことで都心通過利用は減った。朝夕のピークなど日中の利用も減少した。4月の首都高速全線の渋滞損失時間は前年同月比約10%減で、コロナ禍前の2019年比では28%減だった。料金改定の効果が渋滞緩和につながったと見られる。

 4月の首都高速の全体交通量は、行動制限があった前年とほぼ同水準だった。距離別では、長距離(36キロメートル超)の利用は前年同月比で約2%減と減少した。一方で、短距離の利用は増加した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン