サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人工呼吸器の生産能力が240倍に!? 新型コロナ対策で車部品メーカー「マレリ」が動いた理由とは

ここから本文です

■自動車部品メーカーが医療機器の生産支援開始を決めた理由とは

 あまり報道されていないものの、2020年7月1日から日本の自動車産業によって生産された人工呼吸器の出荷が始まっています。

希望ナンバー「1110」どんな意味? あなたは読める?

 新型コロナ感染拡大を受け、自動車工業4団体の対応について記者会見がおこなわれたのは4月10日のこと。豊田章男自工会会長などの動きにより、経産省も自動車産業に人工呼吸器の増産支援を依頼すべく動き出しました。

 真っ先に協力を申し出たのが『マレリ』という企業ですが、どのような経緯で増産支援に踏み切ったのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ