サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんとメーカー自ら名乗っていた! プジョーが「猫足」といわれ始めたタイミングとは

ここから本文です

なんとメーカー自ら名乗っていた! プジョーが「猫足」といわれ始めたタイミングとは

「猫足」の起源をもとめて古カタログでタイムトラベル

 石畳、マロニエの葉、アルプスやピレネーの山岳道路……キタキタァ、である。じつは今回、とある理由(詳しくは後ほど)で手元にあるプジョーのカタログを見直す作業を行いつつ、いかにもフランス的な語彙が散りばめられたカタログの中の文面をちらちらと読みながら、フランス車であることを強調するため、当時のカタログ制作会社や担当者の苦労が偲ばれるなぁ……などと思ったのは余談。

電動車全盛で今買わないと本当に消える! たった100万円以下のスカッと快感MT車6選+α

 作業は日本版の古い……といっても、せいぜい西武自動車販売が手がけていた当時の「504ディーゼル」が最古だから、1970年代半ばあたりのカタログから現代に向かって時代を追いかけながら目を通していた。そんなに大量に所有してはいないが、昔のカタログは、ほとんどの輸入車がそうだったように、おそらく本国のものをベースに、日本語をあてがって作られたようなシンプルな体裁。それはそれで素朴な味わいのようなものがあり、眺めていてもホノボノとした気持ちになれる。

クルマ業界で当たり前に使われている決まり文句だが……

 ところで何でプジョーの古いカタログの点検を始めたのか? というと、編集部から「お題」をいただいたからにほかならない。

 プジョーの「猫足」について解説せよ、というのである。確かにプジョーの足まわりの表現で「猫足といいわれる……」はいわば常套句。いつの間にか、何の疑問も抱かずに自分でも使ってきたような気がする。さらにいつから使われ始めたのか? と問われたところで、自分のことではないから「それは高校3年の夏からです」などと明確にも答えられない。筆者自身の受け身の経験でいえば、いつかどこかのタイミングで、どれかの自動車雑誌でどなたかがレポートの中で使っているのを読んで知ったのが、「猫足」に触れた最初だったと思う。けれどそれがいつだったのかは、昨夜の夕食に何を食べたのか思い出せないのと同じくらい(違う?)、わからない。

 では、プジョー自身のカタログで「猫足」を使うようになったのは一体いつからだったのか? この際、愚直に調べてみようと思い、飼い犬に邪魔されながら床にカタログを広げ、半日かけて探してみた。

 すると、意外にもあっさりと見つかった。手元で確認できたのは、車種でいうと「205」、「306」、「106」のカタログ。表記を抜き出すと、「猫足と呼ばれるしなやかな乗り味」(205)、「205以来の伝統となった“猫足”と評される足回り」(106XSi)、「“猫足”と形容されるしなやかなサスペンション、ネコ足と評される足まわりの完成度」(306)など。

 さらに1997年10月発行の総合カタログの中では、「106 S16」と「306 S16」をまとめて紹介したページがあり、そこには「ストロークの長い粘りの効いた、いわゆる猫足」と書かれている。まさしく筆舌を尽くすまでもなく、端的に“猫足”がどういうものかをスパッと表現したのがこの一文。猫足とは、そういうものなのだ。

猫足を猫足たらしめる条件とは

 ちなみに「205」も確かに猫足だったが、それはベースグレードの話。「205 GTI」ともなると、「VWゴルフ」の対抗馬として市場に送り出されたクルマだっただけに、当時、試乗した筆者の印象では「かなりドイツ車っぽい」が印象だった。一方で前述の「106」と「306」の世代になると、「S16」でも足まわりをスウッ! と伸縮させつつ、とことんロードホールディングするフィーリングは、紛うことなく猫足だった。

 もちろん猫足といっても、ひと言で簡単に片づけられるわけではなく、サスペンションとスペックが釣り合ったタイヤや、サスペンションにしっかり仕事をさせるための剛性を確保したボディ、ステアリングのレシオや操舵フィール、それとドライバー自身が座っているシートのクッション硬度まで、すべての波長がバランスしてこそ初めて猫足と感じられるものでもある。塩梅などと簡単に片づけられることではなく、緻密なエンジニアリングが基礎にあってこそのこと。それを実現していたことになるのだから、プジョーという自動車メーカーの技術力とセンスは、多くのファンの心を掴んだだけのことはある、といえる。

最新プジョーにも「猫足」テイストは引き継がれる

 そういえばどれかの車種のカタログでも記されていたが、プジョーではダンパーも内製のものを使っていた。いわば秘伝のタレを使っていたからこそ、という訳だ。参考までに現行のプジョー車のダンパーは、今の4桁名義のSUVモデルあたりからその限りではないとも聞く。

 とはいえ、ならばプジョーらしくないのか? と言えばノーである。「四肢で路面をしっかり掴むようなロードホールディング性能は、プジョーが培ってきた伝統を受け継いだもの」(MY2020、208/e-208のカタログより)とある。実際のサスペンションフィールには多少、現代語訳的なところはあるにせよ、「らしさ」をキープしていることもまた確かだ。

 たとえ仰向けのまま高い場所からダイブさせられても、持ち前の身体能力の高さで空中でクルッ! と身を翻し、しなやかな関節と筋肉を使いショックを受け止め、最終的には肉球でしっかりと地面を捉えて着地する。まさしく比喩表現ながら、それ以外の何者でもないのがプジョーの「猫足」だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します