サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 米トヨタ、新型4気筒エンジンを2021年から生産へ…生産能力を34%増強

ここから本文です
トヨタ自動車の米国部門は7月8日、アラバマ州ハンツビル市のトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・アラバマ(TMMAL)におけるエンジン生産能力を増強すると発表した。

TMMALは、トヨタの海外における初のV型8気筒エンジン生産工場として2001年に設立された。2003年にはピックアップトラックの『タンドラ』に搭載するV8エンジンの生産を開始した。2005年の半ばからは、タンドラと中型ピックアップトラックの『タコマ』向けに、V型6気筒エンジンの生産も開始した。

おすすめのニュース

サイトトップへ