サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モデルベース開発で自動車産業の競争力強化…MBD推進センターが発足

ここから本文です
マツダやデンソーなど国内の自動車および部品メーカー10社は9月24日、デジタル技術によって新規技術や商品の開発効率を大幅に向上させるため、同日「MBD(モデルベース開発)推進センター」を発足させたとオンラインの記者会見で発表した。

参画した自動車メーカーはマツダのほかにトヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、SUBARU(スバル)で、デンソー以外の部品メーカーはアイシン、ジヤトコ、パナソニック、三菱電機の4社。これら10社がMBD推進センターの運営会社となって、企業や大学など研究機関と横断的にMBDの普及を図り、自動車産業の国際競争力強化につなげる狙いだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ