サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > あおり運転に5年以下の懲役、厳罰化---道交法改正案が成立 

ここから本文です

あおり運転を厳罰化するなどの道路交通法改正案が6月2日、衆議院本会議で全会一致で可決・成立した。

通行妨害目的で、交通の危険のおそれのある方法で車間距離不保持や急ブレーキ禁止などに違反した場合、懲役3年または罰金50万円以下、高速道路で停車させるなど著しい危険を生じさせた場合、懲役5年または罰金100万円以下の罰則を創設した。これらの行為は免許の取消処分の対象に追加する。

また、高齢運転者対策を強化するため、75歳以上で一定の違反歴がある場合の運転免許証更新時、運転技能検査の受検を義務付け、一定基準に達しない場合、運転免許証を更新できなくなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ