サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 地味だけど滋味豊か! 「まだ売ってたの?」なんて言われがちな「隠れすぎてる名車」5選

ここから本文です

地味だけど滋味豊か! 「まだ売ってたの?」なんて言われがちな「隠れすぎてる名車」5選

 シニア層向けの実直なセダン需要はまだまだ根強い

 クルマ好きなら、ふとした時に「そういえば、あのクルマってまだ売ってたっけ?」などと、地味な実用車や不人気車のことを思い出すものだ。話題性がなく、とっくにフルモデルチェンジの時期を迎えても放置されているように見えながら、延々と販売され続けるクルマはけっこう存在する。

【10万円台もゴロゴロの不人気っぷり!】 激安だが乗れば強烈に楽しめる国産中古車4選

 話題性がないとはいえ、やめずに売り続けられるにはそれなりの理由があるし、よくよく見ると地味に魅力的だったりする。今回はそんな、忘れ去られ気味のクルマのなかでも、今あえて注目するに値する5台をピックアップしてみた。いずれも忘れ去るには惜しすぎる、滋味に富むクルマたちである。

 1)トヨタ・プレミオ/アリオン

 ネームバリューは高く、かつては絶大な人気を誇った実用セダンの代表格ながら、現行型は2007年デビューのご長寿モデル。プラットフォームは先代モデルのキャリーオーバーだったので、車体の基本設計は20年近く前となるが、未だに姉妹車合計の月間販売台数は1000台を軽く超えている。トヨタ・マークXがなくなるなど、日本市場のセダン氷河期に終わりが見えないなか、驚異的な大健闘と言える。

 生きたシーラカンス状態が幸いして、今や現行型国産セダンで5ナンバーサイズなのはプレミオ/アリオンだけ。車格では下に位置付けられるトヨタ・カローラでさえボディを拡幅したことにより、5ナンバーのセダンを求める中高年層には最後の砦となっている模様。一方では、「実用セダンこそがクルマのスタンダード」と語るタレントの夏江紘実さんのように、地味セダン好きをアピールする若い女性からもわずかながら支持されている。やはり、侮れない存在だ。

 2)日産シルフィ

 プレミオ/アリオンでの例と同じく、シニア層向けの実直なセダン需要は根強い。筆者も40代半ばを過ぎてから、地味なセダンでひっそりとした静かなカーライフを送る日々に憧れるようになった。現行型シルフィはデビュー後8年を経過。ここ5年ほどは改良されたとの公式発表はないが、販売は継続中だ(海外向けには新型が発表されている)。といっても、ここ数年の月間販売台数は200台未満を記録する月が多く、人気を保ち続けているとは言い難いのものの、中国を中心にアジアではよく売れているので継続できた。

 現代の名工として知られる日産のカリスマテストドライバー・加藤博義さんは「FF車は最後にチェックするだけなのですが、街乗りではシルフィが最高です」と語るなど、一人の中高年ドライバーとして、シルフィの実直さがいたく気に入っている様子だった。新型の国内市場導入を待望する声も少なくなく、地味セダン需要は中高年男性を中心にまだ枯れる気配はない。

 玄人筋にもウケるかくれた名車の資質を持ったモデルも存在!

 3)日産エルグランド

 成功した初代、2代目の流れをそのまま踏襲せず、FRからFFに変更。ボディ全高を低くするなどして、走行性能を劇的に向上させた。軽量化は先代モデル比100kgにもおよび、重心や着座位置が下がって運転フィールはミニバンとしては素晴らしい仕上がりだったが、残念ながらLサイズクラスのミニバンを好む層にはまったく響かず。「威圧感のあるデザインでデカく見える」「高い着座位置から周囲を見下せる」といったLサイズクラスのミニバンユーザー層のニーズに応えたトヨタ・アルファード/ヴェルファイアに販売台数では圧倒的な差をつけられた。

 しかし、運転好きの日産党からの評価は高く、オーテックチューンの「ライダーハイパフォーマンススペック」には専用チューンのエンジンが搭載されるなど、硬派な設定が人気。レーシングドライバーの本山哲さんは「昔ながらのクルマを自在に操る感覚、クルマ好きの気持ちに応えてくれるところが気に入っています」と語るなど、玄人筋からの評価は今も高い。

 4)三菱i-MiEV

 ベースとなる軽自動車の「i(アイ)」は2006年デビュー。「i-MiEV」は2010年から販売され10年が過ぎた。ここ数年の販売台数は多くて数十台で、ヒトケタになってしまうこともしばしば。それでもなお現行モデルとして売り続けられている。ベースとなる「i」は軽自動車ながら当時の三菱の相当な入魂開発車だったこともあり、いまだにデザイン、乗り味ともに古くささを感じさせないので、再注目する価値はある。

 一時はジャパネットたかたでよく売れていることでも話題になったなど、販売面でも革新的な実績を残した。低価格化が進めば、まだ販売が伸びる余地はありそうなのだが……?

 5)スズキ・バレーノ

 インド生産の輸入車。コンパクトカーとしての出来は素晴らしく、乗り味はアジアンカー的ではなく欧州車的で硬質。あまりにも売れてなさすぎるのが惜しまれるが、もともと海外市場向けということで、国内販売は重視していないのだろう。クルマ好きとしては「レア度」も含めて魅力的な存在ながら、国内にはスイフトという超絶に商品力の高い身内が居るのが辛いところ。

 スイフトをスルーしてまで人にススメたくなるほどでもないと思えてしまうが、ワイドボディによる横方向の広さなど、スイフトにはない魅力もあるので、もう少し注目されるべき、かくれた名車の資質はある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します