サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱ケミカル、フェノール樹脂使用の高耐熱性CFRPを開発

ここから本文です

三菱ケミカルは6月17日、軽量性や剛性と高耐熱性を両立した炭素繊維複合材料(CFRP)を開発したと発表した。

軽さと強度を兼ね備えるCFRPは、軽量化要求が高まる航空機や自動車などのモビリティや、産業機械などで、今後ますます需要が高まることが見込まれている。一方、汎用性が高いエポキシ樹脂をベースにしたCFRPは耐熱温度が100~200度と低く、多様化する顧客ニーズを十分に満足できない場面もあった。

開発品は、ベース樹脂としてフェノール樹脂を使用することで、300度でも物性が低下しない高い耐熱性を実現。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン