サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今、乗るべきフェラーリ。【カーセンサーEDGE11月号】

ここから本文です

今、乗るべきフェラーリ。【カーセンサーEDGE11月号】

新車は1年、2年待ちが当たり前になりつつある独特の世界

1947年に設立されたフェラーリという会社は、非常に特殊なメーカーである。プロダクトが人を惹きつける強い力、F1というトップカテゴリーで常に世界一を狙うことをブランドの宿命とする販売戦略は、他メーカーが真似することはできない。

お得な定期購読はこちらから(※外部サイトに遷移します)

だから、今もNEWモデルが出ればあっという間にバックオーダーを抱え、「1年待ち」「2年待ち」が当たり前の現象となる。レアな限定車や特別な性能が与えられたスペチアーレともなれば、お金があっても買えないなんて当たり前。欲しいと思った人、すべての手に渡らない車、それがフェラーリなのである。

そして、その特別な世界のハードルを下げてくれるのが、ユーズドフェラーリなのである。 

コロナという特異な状況が生み出した購入チャンス

現在、フェラーリの中古市場におけるメインは2000年代中盤からのV8モデル。F430、458イタリア、4座のカリフォルニア、カリフォルニアTあたりが最も流通量が多い。中古車価格があまり大きく変動しないフェラーリだが、コロナ禍ということもあって現在はやや安値傾向。しかし、徐々に相場は元に戻りつつある。

F355より前のV8シリーズや流通量が元々少ないV12シリーズは、ハードルが高めな世界なので、人生最初のフェラーリを選ぶなら、1000万円半ばから購入できる21世紀のV8モデルが鉄板の選択肢になるはずだ。

高額車とは思えないほど、中古車市場での動きが早いフェラーリ。「中古車購入は一期一会」というセオリーどおり、意中の色や仕様に出合ったときには……ちゅうちょしない勢いも大切になってくるはずだ。 文/編集部、写真/デレック槇島、イラスト/あべ あつし

カーセンサーEDGE 11月号今、乗るべきフェラーリ。

【カーセンサーEDGEの購入はこちら】

お得な定期購読はこちらから(※外部サイトに遷移します)最新号の購入はこちら(※外部サイトに遷移します)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します