サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】「フェラーリ・ポルトフィーノ」が大幅改良! フロントマスクは「ローマ」風に?

ここから本文です

【スクープ】「フェラーリ・ポルトフィーノ」が大幅改良! フロントマスクは「ローマ」風に?

外観だけでなく、インテリアの装備も「ローマ」から多数を移植!

フェラーリのクーペカブリオレ、「ポルトフィーノ」のアップデート版と思われる開発車両がキャッチされた。ポルトフィーノは、「カルフォルニアT」の後継として2017年のフランクフルト・ショーで初公開。翌2018年には日本でも正式発表されているが、初の大幅改良に向けて開発が進められている。

エンツォ長年の信念を破り開発されたフェラーリ初のリアエンジンF1のすべて【新書紹介】

開発車両は、ヘッドライト回りを中心にフロントバンパーを厳重にカモフラージュ。一方、リヤバンパーやボディサイドは“ノーガード”の状態だったが、急ごしらえの車両なのか目立つスクラッチや凹みが見られる。情報によれば、改良版ポルトフィーノでは2019年11月に発表された2ドアクーペの「ローマ」にインスパイアされたヘッドライト、フロントエンドを採用するという。また、リヤ回りについても意匠を変更する可能性が高い。

今回、撮影することこそ叶わなかったが、キャビン回りもローマに準じたアップデートを実施。デジタルインテリアクラスターやポートレートスタイルのインフォテインメントシステム、タッチ式ステアリングコントロールなどが採用されるようだ。

なお、搭載するパワーユニットは引き続き3.9L V8ターボながら最高出力は600psから620psへと向上。DCTのトランスミッションも7速から8速へとアップグレードされるという。そのデビュー時期だが、2025年にはフルモデルチェンジということで遅くも2021年内には発表される模様だ。







 

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します