サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1不振でルクレールのモチベーション低下を懸念する声「ベッテルと同じ運命をたどる可能性がある」

ここから本文です

 元F1ドライバーのマーク・ウエーバーは、フェラーリにおいてシャルル・ルクレールが今後数年のうちに、チームメイトであるセバスチャン・ベッテルと同じ道筋をたどる可能性があると指摘する。

 ルクレールはF1で2年目となる2019年シーズンにフェラーリ加入を果たし、力量を発揮した。序盤からベッテルよりも優位に立ち、パワーユニット(PU/エンジン)の問題さえ発生しなければ、2戦目のバーレーンで勝利を手にしていたはずだった。

フェラーリCEO、“穴”に陥ったチームの苦境を語る「F1では常に時間の戦いだが、特効薬はない」

 初優勝のスパに続き、モンツァも制して連勝したルクレールはチーム内での立場を強固なものにしていった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン