サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年のCNF世界市場は横ばい、高コストなどが要因 矢野経済研予測

ここから本文です
 矢野経済研究所は、セルロースナノファイバー(CNF)についての世界市場調査で2021年の世界生産量が57~60トン程度になるとの予測を発表した。出荷金額は53億7500万円となる見込み。20年はサンプル出荷も含め、世界生産量は57トンにとどまった。CNFを採用する製品が少量であることや、高コストが原因で採用が広がっていないとみている。

 CNFは機能性添加剤や樹脂強化材などの用途が中心で、最終製品における使用量自体が少ない。また、生産量の多い製品への採用がなく、CNF採用製品の販売量が限られているため、21年も生産量は横ばいになると想定する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン