サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【特集】“勇敢な男”ジョニー・ハーバートの鮮烈なF1デビュー:1989年ブラジルGP

ここから本文です
 イギリス人ドライバーのジョニー・ハーバートは、1989年~2000年までの12シーズンに渡ってF1に参戦し、161戦に出走。3勝を挙げ、7度の表彰台を獲得した。そんな彼のF1デビューまでの道のりは、波乱に満ちたものだった。

 1988年、国際F3000(現FIA F2)に参戦していたハーバートは、ブランズハッチで行なわれたレースで多重クラッシュに巻き込まれ、足と足首に重傷を負った。足を切断する可能性もあったほどの大きな事故だったが、ハーバートはその後リハビリに励み、1989年のF1開幕戦ブラジルGPにベネトンチームの一員としてやってきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ