サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハスラーとジムニーどっちが良い? スズキの人気軽SUVを「使い勝手」で比較!

ここから本文です

ハスラーとジムニーどっちが良い? スズキの人気軽SUVを「使い勝手」で比較!

■使い勝手「街中」ならどっちが良い?

 スズキが誇る軽自動車のなかでも、「軽SUV」といわれる「ハスラー」と「ジムニー」は、コンパクトながらSUVのデザインを兼ね備えており、人気の高い車種です。スズキの同ジャンル車種である両車ですが、軽では欠かせない「使い勝手」には、どんな違いがあるのでしょうか。

不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 いまや、軽自動車は日本でもっとも売れている車種です。全国軽自動車協会連合会によると、2018年度(2018年4月から2019年3月)の軽自動車における新車販売台数は、上位トップ5車種だけでも合計81万3029台を販売しました。

 これは、同じ2018年度の普通車トップ5車種の合計が57万732台であったことから、20万台以上の差がついていることになります。

 そのなかで、ハスラーとジムニーは、コンパクトながらもSUVの走行性能やデザインを兼ね備えたモデルで、軽SUVの代表的な車種です。

 2019年4月から9月の販売台数でも、ハスラーは軽自動車全体9位の2万7185台、ジムニーは全体13位の1万4658台となっており、高い人気を獲得しています。

 この両車について、燃費性能や走行性能はすでに多くのメディアやユーザーが比較していますが、実際の「使い勝手」はどうなのでしょうか。

 まず、両車の最たる違いとして、ハスラーはクロスオーバーSUV、ジムニーはクロスカントリーSUVという点が異なり、そもそもコンセプトが違う2台なのです。

 クロスオーバーSUVとは、主にモノコックボディを採用しているクルマを指します。「柔らかく軽い」とされるボディであるため、事故時は衝撃を吸収し歩行者や対象物を保護できるほか、車体が軽いため燃費が良いなどの特徴を持ったクルマです。

 一方のクロスカントリーSUVは、ボディ構造のなかでも足回りにラダーフレームを採用しているクルマを指します。「頑丈さ」が大きな特徴で、悪路での走行で力を発揮するなどタフな構造となっています。

 この違いから、2台の比較には「街乗りでの使い勝手」と「オフロードでの使い勝手」の2種類に分けられます。

 まず、街乗りでの使い勝手では、ハスラーが優勢といえます。室内長はジムニーが1795mmに対しハスラーは2160mmとなっており、車内スペースが確保されています。

 さらに、ハスラーは車内の収納ポケットが豊富なうえ、助手席を前に倒すとテーブルになる「助手席シートバックテーブル」や、ネットなどの追加アクセサリーが装着可能な「ユーティリティナット」が装備されているなど、快適を追求したインテリアとなっています。

 ジムニーでは、荷室幅がハスラーよりも広いため、ゴルフバックを完全に横向きで積むことが可能という特徴があり、使い勝手は決して悪くはありません。しかし、日常の街乗りでは、より広くより細かく使えるハスラーの方が上といえるでしょう。

■使い勝手「レジャー」ならどっちが良い?

 次に、オフロードでの使い勝手では一転、ジムニーが優勢といえます。単にラダーフレームによって走行が安定するだけでなく、ラゲッジの材質が防汚タイプとなっているほか、ラゲッジ下部はリッド開閉式のため、汚れたブーツや小物などの整理や収納に便利で、右開きのバックドアにあわせて、荷室左側にアクセサリーソケットを装備。

 また、地上と荷室の間が760mmあることから、地面の状態が悪くても収納がスムーズにできます。

 ハスラーも後席を倒せば広々としたラゲッジスペースを確保でき、ラゲッジフロアに汚れを拭き取りやすい素材を採用。上級グレードには、電源を供給するラゲッジアクセサリーソケットも装備しています。

 ハスラーとジムニーの使い勝手について、スズキの販売店スタッフは以下のように話します。

「やはり使い勝手全般では、ハスラーの方が上のようです。4ドアで乗り降りがしやすい上に、後席がスライドできるため、荷物を多く積みたいときにも対応できます。

 4WDモデルもあるので、ある程度の悪路走行も可能なことから、アウトドアなどのレジャーでも活躍します。オフロードに特化したジムニーより、オールマイティに対応できるハスラーの方が、全体的にみると人気です。また、新型ハスラーも近々登場を予定しているため、ハスラー人気は更に高まるのではないでしょうか」

 また、別のスズキ販売店スタッフは以下のように話します。

「ジムニーは納期が約1年となっており、人気車種となっています。ハスラーと比べると使いにくい面はたしかにありますが、ジープなどを始めとしたゴツゴツのSUVファンからは根強い人気があります。利便性よりも『ロマン』で選ぶという人方も一定数いらっしゃいます」

※ ※ ※

 以上から、「全体的な」使い勝手ではハスラーに軍配が上がりました。しかし、局所的なポイントではジムニーが圧倒している部分もあります。

 広く柔軟に使えるがハスラー、狭く硬派に使うのがジムニー、同じ軽SUVでもまったく異なる性格を持っているといえるでしょう。

 しかし、東京モーターショー2019にてコンセプトカーが公開された「ハスラーコンセプト」には、オフロード向けの装備が施されたモデルも展示されており、一部の関係者は「ジムニーファンの獲得も視野に入れているのでは」との声も上がっています。

 ハスラーコンセプトの登場は、ジムニーなどの軽SUVだけでなく、国内軽自動車界全体にどのような影響を与えるのか、注目です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します